現在、無職ですが、生活費も底をついてきたので、キャッシングによる解決を考えています。しかし、無職ゆえに審査に通らないのは確実ではないかと思います。それで、思いついたのは別の人の名義でキャッシングすることです。そんなに簡単ではないでしょうが、出来る方法をご存知の方は教えていただけないでしょうか?

他人名義のキャッシングは違法

あなたがすでにおっしゃっているとおり、他人名義のキャッシングはそんなに簡単なことではありません。まず、「他人名義のキャッシング」が何を意味しているのか、逆にお尋ねしますが、他人の名義であなたがキャッシングを申し込んで、審査に通ることを考えておられるのか、それともすでに作られた他人のカードを使ってキャッシングすることを考えておられるのでしょうか?

前者であれば、審査の際に本人確認書類が求められますので、まず無理です。仮にキャッシング会社をだますことができたとして、つまり、あなたが他人を装って、その他人の名義で実際にあなたがお金を借りれることになったとしても、それは立派な詐欺罪が成立します。
(⇒融資審査はそこまで甘くない?

後者の方法ですが、すでに作られた他人のカードを使ってキャッシングマシーンからお金を下ろすことは簡単でしょう。誰にも気づかれません。ただ、そのカードの持ち主がそのことを許してくれますか?あなたが無職であることを知っていながら、お金を自分のカードを使って借りることを許してくれるご友人はよっぽど心が広い方です。なんといっても、結局借金を返済することになるのは、その名義人だからです。

上記のことを考えると、無職での借金はあきらめて、日雇いのアルバイトでもしたらいかがでしょうか?(参考ページはこちら→仕事をしていれば案外簡単に借りられる金融業者

他人名義でキャッシングを利用するとどうなるの?

現代の世界では生きていくために「お金」が少なからず必要になっています。山奥で自給自足の生活をするというような人も完全に存在していないというわけではありませんが、少なくとも日本の一般的な生活をしていくに当たっては必ずお金が必要になることでしょう。

ですがすべての人が必要なだけのお金があるとは限らないというのが現実であり、家計のやりくりに不足が発生したというような場合には、キャッシングなどを利用して一時的に家計の足しにするという人が多く存在しています。しかしこうしたキャッシングを利用する際、一部の人が頭を悩ませるのが「事故情報」です。

債務整理や返済滞納などを理由に、信用情報に事故情報が記録されてしまっているというような場合では、ほとんどのケースで借り入れをすることができなくなってしまいます。ではそういった人はどうするのかというと、本来であれば事故情報が消えるまで待ってからキャッシングを利用することとなります。
(⇒信用情報はどうやって確認するの?

しかし中には「名義借り」という形で、他人名義でキャッシングを利用する人がいるのです。では他人名義でキャッシングを利用するとどうなるのでしょうか。

まず審査などについてですが、本人確認などもすべてクリアした上で他人名義での審査を受けることができたというような場合には、キャッシングを利用できる可能性が高くなります。その他人名義の信用情報が問題ないのであれば、キャッシング会社は信用してお金を貸すということになるからです。

ですがこの行為はどのような形であったとしても、キャッシング会社に対して虚偽の申告をしたうえで契約を結ぶということになりますから、「詐欺罪」に該当することとなります。一見すると「他人の名義でも借りたお金を返すのだから問題は無いはず」とも見えますが、実際には意図的に虚偽の申告をして契約を結んだ時点で、詐欺罪に問われることになるのです。

また悪質な場合には名義を貸した人も「共犯者」として扱われ、法的な罰則を受ける恐れも出てきます。キャッシングを利用するという際には例え何らかの理由があったとしても必ず自分自身の名義で利用を行い、また知人や友人、家族などから名義を貸して欲しいといわれても、絶対に断るようにしなくてはならないのです。