初めてのキャッシングで知らないことばかりなので、お聞きしたいと思います。その一つが審査の際に記入するお金の使い道です。皆さん審査に通るためにいろんなことを工夫しておられますが、使い道に関してはどんな風に書くと有利なのでしょうか?ちなみにわたしの場合は、カメラのコレクターをしているので、古いビンテージもののカメラを買うためにお金を借りたいと思っているのですが、そんなことを正直に書くと審査に落ちてしまうのではないかと心配です。

娯楽・趣味のための借金は正当な目的

借金の際の使い道に関して神経を使われることが多いですが、いくつかのタブーを理解しておけば、あとは正直に書かれて問題ないと思います。あなたが予定しておられる趣味のためのキャッシングはまったく正当な目的ですから、ご心配ありません。

絶対書いてはいけないのは「借金の返済のため」という使い道です。自ら、自転車操業状態であることを自己告白しているようなものですから、そんな人にキャッシング会社が貸したくない、と思うのは当然です。あと、一つ、「生活費」という使い道もタブーです。なぜなら、生活費もカツカツの人がどうやってこれから先借金を返済できるのでしょうか?(参考ページはこちら→多重債務は危険な状態

実際、多くの経済的に余裕がありながら、キャッシングをうまく活用している人たちはまさにあなたが予定しておられる「趣味・娯楽のため」の借金はよくあるパターンですから、具体的なことまで書く必要はありませんが、正直に書かれたら良いかと思いますよ。

キャッシングの審査で通りやすい使い道では

キャッシングの審査で通りやすい使い道では、流石に銀行や消費者金融業者と言えど借入が出来る状況となりそうです。ではどういった使い道が良いのかと言えば、やはり生活に直結する様な状況の物が特に通りやすい使い道となりそうです。生活する為にはやはりお金が必要で、まして子供を学校に通わせる状況を作る為にお金が必要な事となったのであれば、その辺りは、子供の為に銀行や消費者金融業者としても考慮する所が強くなるのかも知れません。
(⇒融資審査に通りやすくするための無難な方法

こう言ったキャッシングの審査が通る状況を作る為には、色々と自分自身の生活などを見直しながら、いくらならば毎月の返済が可能なのかをシュミュレーションしてみる必要があります。そう言った所で借入の金額などが大よそ判断出来る状況になって今後の借入での返済も可能な事となりそうです。(参考ページはこちら→融資を受ける為の条件

まずはキャッシングの審査を通りやすい使い道などで申込み書を記載しながら、しっかりと返済出来るプランを立てた上での借入を行う事でこれからの借入の状況もしっかりと作る事が出来るでしょう。返済の事をまず第一に考えながら借入を行ってもしっかりとお金を返せるプランを立てておけば心配する事も無くなるでしょう。

こうした状況を考えていく事で、これからの生活に置いてもキャッシングを行って何時までに返済出来るのかなどは把握出来ている事となります。突発でお金が必要となったケースであってもやはりそう言った返済プランはしっかり持っておく必要性があります。そう言った所を考えていく事で、通りやすい使い道などを申込書に記載しながら審査を受けて通る事となるのでしょう。

こう言った消費者金融業者や銀行と言った金融機関からの借入を軽く考える事無く、生活を圧迫する危険性を兼ね備えた状況である事を考えていきながら、借入を行う事は今後に置いても重要な事となります。そう言った気持ちを持つ事で無理な借入も行う事無く生活を送る事にもつながっていきそうです。

【参考ページ】
融資審査はどこを見ているか考えよう