いますぐではないのですが、あと半年以内にキャッシングが必要になりそうで、質問させていただきます。というのも、来年に結婚を予定しており、結婚資金がどうしても必要になりそうなのです。結婚資金くらいは彼女に負担させず、わたしがなんとか準備したいと思っていますし、現に彼女にもそんな風に伝えているのですが、いろいろと計算してみるとすべてを私の貯金と給料で賄うのはどうにも難しそうです。

それで考えているのがキャッシングです。現在わたしの年収は250万円くらいですが、この年収だとどのくらいのキャッシングが可能でしょうか?結婚資金をちゃんとまかなえるかが心配なので、教えていただけたら幸いです。

キャッシング限度額を決めるのは年収だけではない

キャッシングを申し込んでみるとわかりますが、申込の際に記入しなければならない項目は多岐にわたります。もっとも重要な要素の一つとして年収をあげることができますが、しかし、年収だけで借入限度額が決まるわけではありません。

なぜなら、借金の返済は数ヶ月で完結するわけではありません。いくら年収が多くても、例えば、投機性の高い仕事でその後には収入が途絶えてしまうような仕事であれば、貸金業者としてはその人の返済能力に不安を抱かずにはいられません。

相手が安定して返済できるかをみる重要な要素として、勤続年数が重要だということは覚えておきましょう。このさき、どのくらい同じ会社で働けるかなんていう問題はだれにもわかりませんが、これまで安定して同じ場所で長期間に渡って働いてきた人は今後もそうしていく蓋然性が高い、と融資側は判断します。一般的に勤続年数が1年以内だと、つまり同じ場所でまだ1年も働いてない人であれば借り入れ自体が難しくなると言われています。

他にも扶養家族がいるか、住んでいる家が持ち家かなど、も審査されます。ただ、あなたの年収自体が少なすぎて、審査に不利になるということはないのでご安心下さい。

貸金業法ではキャッシング限度額は年収3分の1と決められている

日常生活の中で万が一、お金が不足することがあったならば、その時には消費者金融でキャッシングサービスを利用すると便利です。そもそもこのキャッシングという言葉はお金を借りるという意味を表しますが、金融業界にてこの言葉を使った時にはその多くがお金の借り入れ方法のことを表します。それも振り込みローンやカードローンのような融資手続きがとても簡単で、なおかつ融資スピードが迅速な借り入れ方法を指す場合が多いものです。

まず振り込みローンは、ネットや電話などで融資の申し込みが行えて、この許可が下りると即日中に銀行の預金口座に希望額が振り込まれることとなります。一方のカードローンは、事前に個人カードを発行しておくことで、もしもお金が必要になった時には近場のATMに駆け込みさえすれば、簡単な画面操作で融資金を引き出す事が出来るというものです。いずれもやり方さえ分かればとても手軽に行えて利便性の高い借り入れ方法と言えるでしょう。

ただし、これらのキャッシングサービスを利用するには金融会社側の審査をクリアしなければなりません。その際にはネットや電話、自動契約機、実店舗の窓口にて申請フォームに氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを書き込んだ上で、担当者の精査を受けます。担当者は特に年収や職業から経済力を算出して、どれくらいの限度額であればキャッシング可能かといった試算を行います。

また、審査の過程では信用機関への照会も欠かせません。信用機関には申請者のこれまでの借り入れ記録や、現在他社から借りている借金の有無などもチェックすることができます。消費者金融からお金を借りる場合には貸金業法に定めによって、借入額の総計が年収の3分の1を超えてはならないことになっていますから、担当者はこの基準に合致しているかどうかを確かめる義務を負っています。

もしもすでに年収の3分の1のラインに達しているならば、現時点でこれ以上の借り入れは行えません。まずは借りっ放しの借金を返した上で新たな借り入れを行う事が求められます。