先日会社をやめて、ちょっとゆっくりと過ごしているのですけれどもそろそろ動かないといけないなと思い転職活動をしようと思っています。この転職期間中はきっとお金が足りなくなるだろうなと思うんですけれども、お金がたりなくなる前にキャッシングをしたいと思っています。

キャッシングって転職期間にあるときでも別に使っても大丈夫ですよね。もし使ってはいけないようなルールが有るんだったら、先に聞いておきたいと思うのですが…

別に転職期間でも大丈夫だが無職として扱われることも

転職期間中ということで、頑張ってほしいものですけれども今どきは当たり前のことになってきましたね。転職しない人のほうが少ないんじゃないかというくらいで、一社だけに勤め上げるということ自体難しくなってきています。で、転職期間中はお金が心配だからキャッシングをということですけれども、もちろん使っても大丈夫です。ただ、契約する場合には無職とされる可能性もあります。

どうして無職とされるのかですけれども、もともと転職期間中であろうとなかろうと、働いてお金を稼いでいる人以外は無職というような扱いにしているのがカードローンなどの業界です。主婦も無職として扱われますし、不利になることが多いでしょう。だから転職期間にキャッシングの契約をしようとすると、厳しい結果になる可能性も否定出来ないのです。(参考ページはこちら→無職ではやはりなかなか借りられない?

ただ、単純な無職で今後も稼ぎがないというようには思われないでしょうから、全くチャンスがないというわけではありません。無職でもちゃんと稼いでいて、今後も稼ぐということが考えられる場合には問題なく借り入れをすることができるでしょう。もちろん転職する先が決まっていて、ちゃんとお金を持っているということが重要ですが。
(⇒融資審査で大事な事を再確認

転職期間中でも貸出をしてくれるようになったのは、それだけ一つの会社に勤め上げる人が減ったからだと思います。一つの会社に勤めあげるのが借り入れをするにはリスクは少ないですが、今は非現実的だといえるでしょう。それなら転職期間に入る前にキャッシングの契約をしておく、これが一番だと思います。

転職期間におけるキャッシングの利用について

転職期間に現金が不足してしまうということはよくあります。元々予定している転職で、そのための蓄えもある場合には問題ありませんが、急に会社の倒産などによる原因で仕事を失ってからの転職になる場合には、現金が不足した状態で当面の生活をしたり、転職活動をする必要が生じてきます。

このような場合には、備えがなければキャッシングなどを利用して現金を一時的に手に入れる必要があります。とはいえ、キャッシングも誰でも利用できるというわけではなく、業者が各自定めている範囲内の年齢であり、継続的な安定した収入を得て仕事をしている人に限られているものが大半を占めています。そのため、転職中の借り入れ申し込みとなると、審査を断られてしまうケースもあり、業者選びにも注意が必要です。

ただし、すでに借入れをしている人の場合には、就職先が変わったからと言っていちいち申告する必要性はありませんので、転職期間中でも新たな借り入れをすることが出来ます。もちろん毎月の約定返済額を返さなければなりませんので、新しい職場が見つかるまではバイトでもなんでも収入を得ることが出来る方法を探さなければなりません。

新たに申込みをする必要がある場合には、できるだけ金利の安いところを探すようにしましょう。しかし、銀行系は割と条件が厳しいところが多いため、融資は断られる可能性が高いです。消費者金融の中には、バイト中であれば借り入れができるところがたくさんありますので、まずはアルバイトで収入を確保して、融資を受け、改めて転職活動を行うというのが良いでしょう。

業者の中には、新規申し込みの場合には一か月無利息で利用できるようなところもあります。元々転職活動を一か月以内に終わらせるつもりでいる場合には、このサービスを利用すれば無利息で融資を受けることが出来るでしょう。長期的な就職活動になりそうなときは、こういったサービスも含めて利息が安いところがおすすめです。