2年前に恥ずかしながら自己破産をしてしまいました。それからブラックリストに私の名前は入っていると思うのですが、このたび、どうしてもお金が必要になり、キャッシングを考えています。必要な金額は30万円で、子供の病気の治療費です。保険でカバーできない部分があり、自費で準備しなければならないのです。借金はできれば避けなければならないことは過去の自分の経験を通じて痛いほど実感しているのですが、今回の緊急事態ではやむを得ない、と思っています。どうぞ良い方法をご指南いただけないでしょうか?

ブラックでも借りれるのは中小、ヤミ金には気をつけて

貸金業者は相互にブラックの情報を共有していますので、大手の消費者金融や銀行から借りるのはまず難しいでしょう。そうなると、借りることができるのは中小の金融機関になります。この手の金融機関は審査基準が大手に比べて柔軟ですし、より個別の状況を考慮してくれます。もちろん、すべての中小の消費者金融がブラックでも貸してくれるわけではありませんが、探してみる価値があります。

その際に気をつけていただきたいのは、ヤミ金の存在です。ブラックでも借りれることを謳っているのは正規の業者よりも圧倒的にヤミ金が多いです。また、ホームページなどで見る限りでは見分けるのは難しいですから、注意して下さい。見分けるもっとも確実な方法は、その業者が金融庁の登録を得ているかどうか、という点です。
(⇒闇金は必ず回避しよう

成功をお祈りしています。

ブラックでも借りられるキャッシングは存在するのか

借り入れ金額が限度額を超えてしまったり、返済が滞ってしまってブラックリストの中に入ってしまったりした場合、これ以上同じ金融機関から融資を受けることはできません。また、その情報が伝わっている金融機関も利用するのが難しくなります。では、そのような状況になってしまった場合や、ブラックでも借りられるキャッシングは存在するのでしょうか。結論から言ってしまうと、そのような状況でも融資をしてくれる金融機関はあります。それは、例えば借り入れに必要となる保証人や収入証明を提出しなくても良い金融機関などです。(参考ページはこちら→自分向きな金融機関もきっとある?

保証人がなくても融資を行っている金融会社は存在しています。通常、融資を受けようとすると保証人が2人くらい必要となる場合が大半です。それは、もし本人が返済ができなくなった際、保証人に返済を求めることができるからです。しかし一部ではその情報を必要としていない会社があります。そのかわりに金利が高く設定されていたりする場合があります。(参考ページはこちら→金利の高い融資に注意

また本来は必要な収入証明書がなくても融資を行っている会社もあります。返済能力を考えると収入証明を確認し、確実に回収を行いたいというのが融資を行う会社の一般的な考え方ですが、返済能力の有無を問わない代わりに利息を高く設定し最低限の金額を早めに回収してしまうことで成り立っている会社もあります。このような会社では一般的な金融機関では融資を受けることができない、ブラックとして扱われている場合でも、キャッシングをすることが可能になることがあります。

ブラックでも借りられるキャッシングを利用する時は金利などには特に気をつける必要があります。保証人はどうしてもお願いできない場合もありますし、それぞれの事情で書類などがそろわない場合は多々あります。そのような際にはこのような金融機関を利用することもあるでしょう。ですが、基本的に金融機関にとって保証が少ない分、自分にかかってくる負担が大きくなるのです。