素朴な疑問をお聞きしたいのですが、消費者金融からお金を借りるときに、みんな審査が厳しいから通らないかもしれない、って言いますよね。それだったら、審査のときにちょっと年収の部分を上乗せして記入したらどうなんでしょう?もちろん、人に薦められる方法ではありませんが、審査には通りやすいのでは?と思います。(参考ページはこちら→融資審査で誤摩化しは通用する?

そんなことをしても結局はバレます

確かに素人目線で見れば、収入を多めに記入すれば、有利になるのでは、って考えますよね。しかし、ちょっと考えてみてください。そんなこと、誰だって思いつきますよね。それを貸金業者が阻止できないとでも思いますか?貸金業者にとっては審査は自分たちが貸したお金をきちんと回収できるかどうかの命綱です。それを骨抜きにしないために、貸金業者はちゃっと方策を準備している、と考えるのが合理的なのではないでしょうか?

実際、消費者金融は記入された収入がその通りかどうか、収入証明の提出を求めます。収入証明とは、例えば源泉徴収票とか、給与明細といった類のものです。借入金額が少ない場合には、収入証明の提出を不要にしているところもありますが、避けては通れない手続きがあります。それは在籍確認です。つまり、あなたが在籍している会社に消費者金融なり、銀行が直接電話をかけるのです。当然ながら、ある会社にどのくらい在籍しているかによって収入は変わってきますので、消費者金融はそのデータの裏付けを得ることにより、記入されている収入額が本当に正しいかどうかを確認することができるわけです。

ということで、嘘なんてついてもバレますから、やっても無駄です。

キャッシングで年収を多めに書いて審査を通すの有り?

キャッシングしようとカードローンの申し込みをする時に、年収を多く書けば審査が通りやすくなります。ただ年齢と勤続年数で考えても年収が多過ぎと判断されれば落とされます。しかし少しぐらいサバを読んでもわからないから、大丈夫です。ただ貸す側もサバを読むことを想定していまして、希望額が多いと収入証明書の提出を要求します。

前までそんな感じで収入証明書の提出を要求していたけど、今は総量規制で1社で50万円以上または他社との合計が100万円以上の場合は収入証明書の提出を義務づけられていて、50万で収入証明書の提出を要求されるから、年収を多めに書いて多めに借りる方法は不可能になりました。(参考ページはこちら→昔と変わった借り入れ条件

審査を通す為だけに多めに書いたとしても、今度は増額の勧誘が多くて面倒になります。多めの収入だから勧誘してくるのであって、収入証明書を見て多めでない普通の収入だと分かれば増額の話は無しになります。

そして貸金業者が収入証明書の提出が必要になったから、それを逆手に銀行側は300万円まで収入証明書は不要という感じで宣伝して集客しています。それで銀行なら年収を多めに申告しても大丈夫と思えますが、収入証明書不要のからくりは、信用情報機関で調べれば、いくらの年収で他社に申し込んだかわかりますから、収入証明書が無くてもおよその年収がわかります。

この場合年収を多めにして申し込むと、他社の時と年収が違うということになって、審査が通らなくなることも有ります。だから年収を多めにして審査を通そうとするのは逆効果ということです。ゆえに年収を多めにするより正直に書いていた方が逆に審査が通りやすくなるということです。

キャッシングで年収を多めに書いて審査を通そうとするのは、収入証明書の提出を求められれば、それで駄目になり、収入証明書不要のレベルでしたら、年収を多めに申告する必要が無いです。だから年収を多めに書く理由も無く、収入証明書を提出出来なくなる分損です。

【参考ページ】
融資審査に通る為に守るべき事