現在求職中の40代男性です。先月会社からリストラされて、毎日ハローワークに通う日々ですが、なかなかこの歳だと仕事も見つからない状態です。世の中、悪いことは続くもので、妻が難病指定されている病気にかかってしまい、保険ではカバーできない治療費が掛かりそうです。いずれは公的扶助の申請なども検討していますが、とりあえず病院にお金を払わなければならず、お金を準備しなくてはならないので、借金をするしかないかなと考えています。

親族からもいくらか借りましたが、それでも足りないので、キャッシングを考えていますが、わたしのような無職の者もキャッシングできるでしょうか?

無職だとキャッシングは難しい

大変な状況には同情しますが、世の中は冷酷なもので、貸金業者もその一部です。とにかく自分の利益を守ることしか通常は考えていませんから、彼らはリスクのあることはしないわけですね。つまり、現在あなたが無職ならば、これから職をみつける可能性があるとしても、さらにはあなたの状況がどれほど同情に値するとしても貸してくれる可能性は限りなく少ないと言わざるを得ません。(参考ページはこちら→仕事をしていないと融資審査の分が悪い

通常、貸金業者は借金申込者が現在どんな仕事についているか、収入がどのくらいか、またその仕事をどのくらい続けてきたかをもとに判断しますから、あなたの場合は残念ながら借りるのが難しいということになりそうです。保険ではどうにもカバーできなそうですか?また難病ならば公的機関も研究の対象にもなりますから、扶助制度がきっとあると思います。良い解決策が見つかることを祈っております。

現在無職でも、キャッシングを受けることができるの?

キャッシングは、前もって金融機関へ登録し、カードを発行しておけば、外出先でお金が足りなくなったり、結婚式などで急にお金が必要になった場合でも、カードを使用してATMからキャッシュカードでお金を下ろすような感覚で、自由にお金を借りることができるので安心です。

この非常に便利なサービスであるキャッシングを利用するためには、まず金融機関へ審査の申し込みをし、その審査に通過することが利用の条件となります。

審査では、申し込みをした人物が信頼できる人物かどうかを、申し込み時に提出する書類や債務情報などが記載されている信用情報をもとに金融機関の担当者が判断します。判断の基準は、安定した職についており、毎月継続した収入が得られる見込みのある、返済能力のある人物かどうかです。この条件にあてはまれば、雇用形態はなんでも構いません。正社員はもちろん、派遣やアルバイト、パートであっても勤続年数がある程度長ければ審査に通る可能性は十分にあるのです。

ただし、現在無職で無収入の状態で審査に通るのは、非常に困難です。専業主婦で、旦那が一流の大手企業に勤めている場合などは別として、収入がないイコールお金を貸しても返済の目処が立たない、とみなされてしまい、審査に落ちてしまいます。反対に、定期的に安定した収入があるのならば、雇用形態に関係なく審査を通過できる見込みがあるということなので、現在無職だけど、どうしてもお金を借りたい、という人は、まずアルバイトなどを始めることがキャッシングへの第一歩だと言えるでしょう。

キャッシングは、借金をしている感覚を忘れてしまうくらい簡単に、気軽に借りられるサービスです。はじめは少しのつもりが、ギャンブルなどで使いすぎてしまい、気がついたときにはもう返せないような額に借金が膨らんでしまう、なんてことにならないためにも、借りる前にきちんと返済の計画を立て、無理な借り入れはしないように心がけましょう。