大学4年生です。就職活動の末、ようやく内定をもらいました。大企業ではありませんが、地元ではそこそこ大きな中小企業です。企業の名前を出せば信頼してもらえる立場なのでは、と思いますが、この状況でキャッシングすることは可能でしょうか?というのも、現在親元で生活しており、就職とともに親元を離れて生活することを予定しており、敷金や礼金を支払ったり、新しい生活の準備のために家具などの備品をそろえたりすることが必要で、資金を準備しなくてはいけないのです。お知恵を拝借できれば幸いです。
(⇒仕事の現状と融資について

就職内定者ではキャッシングは難しい

地元では名の知れた企業だから、きっと大丈夫だろう、というお気持ちはわかるのですが、この場合は是非貸す側の立場になってみてください。お金を借りる際にはこの視点が特に大事です。(参考ページはこちら→融資の審査基準はここから分かる?

さて、お金を貸す側にとって重要なのは今後の可能性ではありません。お金を貸す会社は別にあなたに投資をするわけではありません。貸したお金をきっちり回収できて、貸している間の利息をちゃんと支払ってくれればそれで良いわけです。その観点からすると、あなたがどんな会社に就職内定したのかは実はお金を貸す側にとってはまったく重要ではないのです。重要なのは、これまであなたがどんなお仕事をしていたのか、またどのくらいお仕事をしてきて、どのくらいのお金を稼いできたのか、そうした実績が一番重要になるわけです。

ですから、就職内定結果が直接キャッシングの審査材料になるわけではない、ということを覚えておいて下さい。もちろん、あなたがアルバイトかなにかをずっと続けてこられなら、それをもとに審査することは十分可能です。

勤め先が決まった「内定者」はキャッシングを利用できる?

一時的にお金を借りて、期日に利息をつけて返済するキャッシングはうまく活用することができれば非常に便利な存在です。特に急な出費が発生したような場合であっても、事前に契約さえしておけば出費に対応することが容易になりますから、たとえ現段階で不要であったとしても、将来に備えて契約だけはしておくというのも賢い使い方といえるでしょう。(参考ページはこちら→備えに最適なキャッシング

しかしキャッシングに契約するには返済能力がある、つまり月々に安定した金額の給与を受け取っていることが最低限の条件とされています。この給与の水準に関しては決まりが無く、アルバイトやパートといったような非正規雇用でもほぼ問題はありません。

ではこれから給与を受け取ることができると判断できるような人、「就職内定者」の場合はどうなのでしょうか。これに関してはほとんどの場合、キャッシングの契約を結ぶことはできないと考えてよいでしょう。

一見すると就職が決まっているわけであり、今後給与をもらえる可能性が非常に高いわけですから問題が無いようにも見えますが、キャッシング業者は「リスク」を非常に嫌う性質があります。もし勤めている実体が無いにもかかわらず融資をしてしまうと返済が滞ってしまったり、返済がされなくなってしまったりといったようなリスクが発生することになるわけですから、当然ながら審査の段階においては「企業に勤めているか否か」が判断のポイントになってきます。

そして内定者は確かに、企業に勤める可能性が非常に高いものとして考えられますが、それが100%であるわけではありません。中には何らかの事情で内定を辞退する人もいますから、そうした人に融資をしてしまうと、結果としては先述した「勤めている実態が無い人に融資をする」のと同じケースになってしまいます。

現在の審査ではほとんどの場合「電話による在籍確認」が行われるようになっていますから、キャッシングの申し込みをしたいというような場合には、まず入社をしてから申請を出すようにすると良いでしょう。