自分が務めている会社が信用を重視するため、社員が借金をするのは絶対にタブーとされているのですが、どうしても借金をしなければならない状況に追い込まれています。彼女が事故を起こし、100万円もの賠償金を請求されているのです。保険で処理できない事情があって、現金で100万円を払えば示談で事が片付くので、なんとか100万円準備して、問題を速やかに処理したいと思っています。それで、どうにか他の人に自分が借金をしているのがバレないようにしたいと思うのですが、良い方法を教えていただけないでしょうか?

ネットで申込み、ネットで借入れる

この世の中に絶対という方法はありません。どんな借金であっても必ず相手が存在しますから、相手があなたの借金を知る以上、それがどこからか漏れる可能性はかならず存在します。あなたが出来るのは出来るだけその漏れる可能性を低くする、ということぐらいでしょう。

一般的にいって借り入れが他の人にバレるのはいくつかの段階があります。申込の際に店舗に向かうのを人に見られる、在籍確認の電話があった際に会社の同僚や上司にバレる、さらには利用明細を家族に見られる、という感じです。ですから、そうした手続きをすべてネットを利用して処理するようにすれば他の人に知られる可能性は最大限減らすことができます。
(⇒融資審査の受け方も大きく変わった

その点でおススメなのはモビットのネットを使ったサービスです。モビットなら最初の申込から借り入れまですべてネット経由で行えますし、在籍確認も実際に電話がかかってくるのを回避し、他の書類の提出によって代替することが出来るのです。また、嬉しい事に利用明細書もネット上でみることができます。検討してみてはいかがでしょうか?
(⇒自分に合わせてくれる金融機関を探す

キャッシングが他人にばれるのってどんなとき?

キャッシングは、登録しておけば外出先で突然お金が足りなくなったり必要になった場合も、近くのATMなどからカードを使用して簡単にお金を借りることができる、非常に便利なサービスです。

このサービスを利用するためには、金融機関へ審査を申込んで、その審査を通過する必要があります。審査が無事に完了するとカードが発行され、いつでも自由にお金を借りることができるようになります。

審査の細かい内容は金融機関によって様々ですが、大まかな内容は同じで、大抵は金融機関の担当者が職場や自宅へ電話をかけ、在籍確認を行います。在籍確認とは、申込者が本当に勤務先に所属しているのか、その場所に住んでいるのかを確認するために行う作業です。キャッシングを利用したいけれど、この在籍確認がネックになって申し込むのを躊躇う人も少なくありません。なぜなら、他人に自分が融資を申し込んでいることがばれる可能性があるからです。しかし最近では、金融機関のオペレーターが気をきかせて会社名を名乗らず、個人名で会社へ電話をかけてくれたりと、配慮してくれる場合が多いため、よっぽどのことがない限り、会社へ電話がきても在籍確認の電話だと気がつかれることはありません。

しかし、最もばれる可能性があるのは家族です。契約時の書類やキャッシングカードなどの入った郵便物が家に届く場合、家族に開封されてしまい、キャッシングがバレてしまう危険があります。このような事態を避けるには、ネットでの申込みやWEB明細書サービスを利用するという方法がよいでしょう。また、店頭窓口や自動契約機で契約手続きをした場合、契約書類が自宅へ送付されることはないため安心です。

このように、契約時の書類は工夫することによって自宅に送付されないようにできますが、注意しなければならないのが、返済が遅れた場合、督促状が自宅に送られる場合があることです。対処法としては、まず第一に返済が遅れないよう計画的に融資をうけることがあります。どうしても遅れてしまいそうな時は、先に返済が遅れることを電話で金融機関に伝え、郵送物が届かないようにします。