銀行からキャッシングを検討しているのですが、仕事が顧客からの信用を重視される仕事なので、自分が借金していることがバレてしまうと、クビになってしまう可能性があります。「だったら、やめとけ」って言われそうなんですが、どうしても急に50万円すぐに必要なんです。教えていただきたいのは、銀行からキャッシングをしてもそれが記録に残らないで、誰にも知られない方法ってありますか?

まっとうな借金はすべて記録がつく、でもヤミ金融は避けるべし

あなたがおっしゃっている「記録」というのが具体的にどういった種類のものを指しているのか、わたしもよくわかりませんが、もし信用情報のことを指しているのであれば、それを回避することは無理でしょう。まっとうなところから借金をすれば必ず信用情報に記録が残ります。そうやって、銀行も借り入れ記録を共有し、危ないお客にはお金を貸さないようにしているわけですね。

じゃあ、記録が残っているからといってそれが他の人に知られるか、といえばそんなことは通常有り得ません。もしあなたが支払いを遅延したり、借金を踏み倒したり、自己破産したりすれば、あなたの信用情報の記録は白日の下にさらされることになりますが、そうでもなければ心配しなくて大丈夫です。

それよりももっと気をつけたほうが良いのは、利用明細ですね。銀行から毎月利用明細が郵送されてくるかもしれませんから、別の人にバレては困るなら、ちゃんと銀行側に利用明細は郵送ではなく、別の形で通知してくれるようにとお願いしておくとよいと思います。

銀行キャッシング付けれない場合の対処方法

銀行キャッシング付けれない場合があります。銀行がサービスしているクレジットカードの審査は通ったがキャッシング・サービスがつかなかったと残念がる方が多くなっています。しかし、クレジットカードでのキャッシング・サービスはいくつかの要件があると利用できないので注意が必要です。銀行系のクレジットカードだけではなく、消費者金融のクレジットカードでも同様のことがよく起きるようです。
(⇒銀行キャッシングはやっぱりシビア?

クレジットカードにキャッシング・サービスが付かない最大の理由は貸出制限になっている可能性が高いことです。キャッシング・サービスのように現金を貸し出すサービスは消費者金融の場合、法的に制限があります。この制限は貸し出す相手の総収入の3分の1を超える現金を貸し出してはならないという制限です。そのため、各消費者金融ではキャッシング・サービスを行う場合に借入、貸出、返済等の情報を保管している情報管理会社のデータを確認しながら法的な制限を超えないようにサービスを行っています。(参考ページはこちら→融資審査ではここまで見ています

消費者金融向けの法的制限ですが、各金融機関でも法的制限に準拠した制限を読字に設けている場合が多く、また、銀行系のクレジットカードでも保証会社が消費者金融の場合は法的制限がかかりますので、自身の収入の3分の1を超えるキャッシング・サービスは利用できないと考えておくことが必要です。

ただし、収入が上がっているのに申請をしていない場合は旧収入での制限が残っていますので、適時増額申請やキャッシング・サービスの利用申請をすることをオススメします。収入面で問題がないのにキャッシング・サービスが利用できない場合はローン件数が多くないか確認しておくと良いです。小額ローンとは言え、複数のローンがある場合はローン件数が多すぎると判断されてキャッシング・サービスが利用できないことも多いようです。適切な借入とローン件数を頭に入れておきながら各種ローンやクレジットカードを利用することが重要です。