事業資金借り入れは昔から考えています。事業を大きくするためには必要なことだと個人事業を始めてから法人にしても、同じように思っています。なので事業資金借り入れをしたいのですけれども、銀行はさすがに最初はハードルが高いなと持っているので、銀行ではなくキャッシングを使いたいと思っています。

事業資金借り入れにキャッシングは使えないのでしょうか。もしかしたら使わないほうがいいという場合もあるかと思い、心配になったので念の為に質問させていただきました。

事業資金借り入れはキャッシングだと一般的に使いづらい

事業がどんどん大きくなっていけば資金が足りなくなりますから、融資を受けるっていうことは大事ですよね。普通はおっしゃるようにやっぱり銀行が一番に上がるとは思いますが、銀行ではないところで借りるならキャッシングというのも確かに選択肢の一つです。が、キャッシングだと一般的に使いづらい面もあったりします。それはビジネス系の借り入れができないところが多いからです。

実はビジネスに関する借り入れについてはキャッシングはかなり使えないところが多くなっています。一つどこでもいいのでキャッシングの説明を読んでみると明らかですから読んでみるといいでしょう。そこには、キャッシングはなんでも使っていいけれども事業資金借り入れでは使えないというように書いているところがほとんどだと思います。

一般的に銀行系カードローンでも消費者金融でも、だいたい事業資金借り入れではなく、普通の生活に使うものと考えられて作られているので、このようなことになっているのです。ですのでキャッシングは使いにくいのは間違いないのですが、一部の大手などには事業資金借り入れ用の商品である、ビジネスカードローンを取り扱っているところがあります。
(⇒大抵のカードローンは用途自由です

ですから大手を中心としてビジネスカードローンを扱っているところを探す、というのがいいでしょう。ここならば銀行から借り入れをするよりもかなりハードルが低く、借り入れもスムーズに使うことができると思います。またレベルが上がっていけば、銀行融資も考えていけばいいのではないでしょうか。

事業資金借り入れに適したキャッシング用のカードは

個人が資金調達をする方法は、人を介する方法からキャッシング用のカードを使ってATMからお金を引き出す方法、いわゆるカードローンが一般的になってきました。お金の貸し借りは人間関係を壊すことに繋がりますので、カードローンは飛躍的に利用者を増やしてきた金融商品です。

具体的には、金融機関が個人の信用だけを担保に小口資金を融資するもので、そのため金利設定は不動産担保ローンや住宅ローンなどに比べると高く設定されています。ただし、来店不要型のカードローンが出てからは、その利便性が利用者のニーズに合致して、今後も顧客が増加することが予想されます。

カードローンは、資金使途を問わずにどんな用途でも使用できるのが特徴のローン商品ですが、一つだけ「事業性資金」としては利用してはいけない決まりになっています。事業資金借り入れをする際には、それに適したローン商品を利用してください。

公的資金をお考えであれば日本政策金融公庫を利用する方法があります。ただし手続き等が民間ローンに比較して複雑だというデメリットがあります。その他銀行では、ビジネスローンなどの名称で、個人事業主の方の事業資金借入れに適した商品があります。

スルガ銀行では、急な支払や運転資金にお悩みの方向けに数種類のビジネスローンを提供しています。証書貸付けの物もありますが、カードローンタイプのものもあり、利便性が高いと言えるのではないでしょうか。中でも「イービジネスダイレクトローン」は、無担保で最大500万円(100万円・200万円・300万円.500万円の4タイプ)まで事業資金借り入れが出来る便利なローンです。個人向けカードローンと同様で、審査結果によって決められたご利用上限額の範囲以内であれば、ATMを利用して借入れと返済を繰り返すことが出来ますので、急な支払や資金繰りに対応できます。
(⇒借り入れ条件によって使い方も変わる?

また、スルガ銀行はゆうちょ銀行と提携していますので、コンビニATMだけでなくゆうちょ銀行ATMが使えるのも大きな利点ではないでしょうか。

【参考ページ】
自分の仕事によって借り入れ方法を考えましょう