東京に住む浪人生です。現在早稲田を目指して、2浪目です。浪人生活の中でもなにかと出費がかさんで、一年目はまだ良かったのですが、2年目はついに金欠となりました。予備校代やら、参考書を購入したり、ときにはおなじ浪人生同士で飲み会にいったりするので、あっという間にお金がなくなってしまうのです。アルバイトをすることも考えましたが、アルバイトに多くの時間を避けばその分だけ勉強にかける時間が少なくなってしまいます。それで、消費者金融からのキャッシングを考えていますが、浪人生でもキャッシングってできますか?

収入がなければ難しい

浪人生としてやっていくにもお金がかかる、わたしも経験者ですから、その状況はよくわかります。お金が必要だけど、アルバイトをしたら勉強時間がなくなる、という苦悩をわたしも経験しました。

それであなたが採ろうとしている選択肢はキャッシング、ということですが、これが賢明かという決しておススメできません。なぜかというとキャッシングは借金で、奨学金のような制度とまるでことなります。金利が高く、放置しておけばあっというまに膨らんでしまいます。キャッシングとうまく付き合う方法は少しだけ借りて、すぐに返すことなのですが、今のあなたの状況では、収入がありませんから、すぐに返す、ということもできないでしょう。
(⇒融資を受ける前に利息について見直そう

もちろん、そもそも浪人生という立場で収入がなければ、お金を借りたくても審査に通らない可能性が高いです。もし、どうしても借りたければアルバイトなどで一定の収入を確保できるようになることが必要です。

浪人生でもキャッシングはできる?できない?

学生でもお金が必要になるときがあります。授業料以外で生活に困ったり、サークルや付き合いのために費用が必要だったりすることもあります。そんなときにキャッシングができると助かることもあるのです。

大学生の場合出も20歳未満の場合は親権者の同意が必要なのですが、20歳を越えていると同意がなくてもキャッシングをすることができます。しかしそれはアルバイトをしていて収入がある人に限ります。(参考ページはこちら→未成年の場合は大抵融資は利用できない?

それは総量規制という決まりがあって年収の3分の1まで借り入れができるという決まりです。その決まりがあるので年収がゼロの人は当然3分の1もゼロなので借り入れをすることはできないのです。年収があればその3分の1までなら借り入れることができるということです。

では浪人生でもキャッシングはできる?という問いに対しては、大学生と同じという答えになります。浪人生でもアルバイトをしていて収入があればキャッシングは可能です。ただ大学生と同じなので20歳未満の場合は親権者の同意が必要になります。大学生でも浪人生でも借り入れをする必要があるときにはまずアルバイトをする道を選びなさいということなのです。貸す方にとっても収入がなくて返済できない人に貸すわけにはいかないということです。

だから大学生でも浪人生でもアルバイトをして毎月決まった収入があればキャッシングをすることができます。その際には学生証や免許証などの身分証明書提示することで借り入れをすることができるのです。しかし中には学生で医学部限定というように専門の学生限定という所もあるので注意が必要です。
ただキャッシングでお金を借りいれて返済に困るから別のキャッシングで借り入れをするというような借金地獄に、学生のうちから、しかも浪人生のうちから陥ることのないように、キャッシングをするならきちんと計画立ててアルバイトの収入で返済できる範囲内の額を借り、早めに返済をし終えるようにしましょう。