今もすごいキャッシングっていうのが人気だっていうのはわかっているんですが、なかなか使うことができずにいます。キャッシングを使えない理由の一つが「利息がたくさんついてしまう」ということが理由です。利息がどのくらいつくのかはわからないですが、イメージとしては破産寸前になるくらいというイメージがあります。

実際には一ヶ月だけ借り入れをした場合、一ヶ月で利息はどのくらいつくものなのでしょうか。

大体1000円~5000円くらいが利息として一ヶ月につく

まぁ借入金額や金利によってもだいぶ差が出てくるので「このくらいですよ~」というのは言いづらいところではあります。とはいえそのままいろいろですで終わってもなんですので、よくあるパターンの金利で計算してみようかと思います。大体の金額としては1000円から5000円位が一ヶ月にかかる利息だと思ってもらったらいいかと思います。

まずよくある10万円を18%で借りた場合を計算してみましょう。18%と言うのは年利ですから借り入れ元金の10万円に18%をかけて1万8千円を年間に支払わないといけないのです。しかし一ヶ月ですからこれを12で割った金額を支払えば一ヶ月あたりは問題ないということになります。一ヶ月では1500円が利息として取られることになります。

もう一つが50万円で15%で借り入れした場合です。これも消費者金融でよくあるキャッシングですが、年間で7万5千円の金利を支払わないといけない事になります。これを12ヶ月で割るとだいたい6千円くらいということになるでしょうか。一ヶ月あたり6千円と少しくらいの利息がつくことになるというわけです。

これだけ見るとそこまで高く無いというのがわかるかと思います。利息が高いと言われていますが、それは年利が法律違反をしているヤミ金のような業者くらいのものでしょう。あれは1ヶ月で元金が倍になるくらいの請求をしてきたりするので異常なだけであり、実際に消費者金融や銀行系カードローンであれば、そこまで高くはないのです。(参考ページはこちら→大抵の会社では金利に大差なくなった?

もちろん使っていけば金利を下げてもらえますから更に借りやすくなるでしょう。怖がるほどの利息ではないことがわかってもらえるかと思います。

【参考ページ】
自分で計算するのが苦手なら質問して解決しよう

キャッシングの利息、一ヶ月だけ借りた場合は

飲み会に誘われた、生活費が足りなくなったなど、急に現金が必要になった時に頼りになるのがキャッシングです。銀行や消費者金融で審査を受け、通る事が出来れば、いつでも何度でも自由に現金を借りる事ができるようになります。

ただ、このお金は、借金になるので、返済期日が来ると、利息をつけて返済をする必要があります。この金利に対して不安を感じ、利用に踏み切れないという人も多いでしょう。グレーゾーン金利が使われていた一昔前は、消費者金融でお金を借りると法で定められている以上の金利が必要という状態が続いていました。

現在ではグレーゾーン金利は認められておらず、消費者金融であっても、法で定められた範囲の金利となっており、安心して利用する事ができます。現在、消費者金融でキャッシングを利用した場合、支払う金利は高くて18%程度となっています。返済が遅れた場合は、遅延損害金が発生し、これよりも高い金利になります。

年利や年率が18%となっている状態で1万円借りた場合、1年後に返済すると元金の1万円の他、1,800円を支払う事になります。この年率や年利というのは1年借りた場合に適用されるもので、1年未満だと日割りで計算されて、適用される事になります。

ですから、年率18%で1万円を一ヶ月だけ借りた場合、支払うのは借りた1万円と、約150円のみとなります。同じ金額を借りていても、返済までの日にちにより、支払う利息の金額は大きく変わってくる事になります。ですから、賢く利用したいと考えた場合、早めの返済を心がける事がお勧めです。

利用して、翌月の一括返済を心がければ、支払う利息は常に少なくて済む事になります。無計画にキャッシングを利用し、完済をする前に何度も借入をし、返済期間が長くなれば、それだけ支払う利息は増えていく事になります。ですから、利用する際は、現在の借入額や必要な利息を把握した上で、借入をしていく事が大切です。