あまり信じることができないんですけど知り合いから聞いた話では、在籍確認なしで審査通るキャッシングというのがあるというように聞きました。在籍確認なしで審査通るキャッシングなんて普通リスクがあるし今までそんなものがなかったんだからありえないと思うんですけれども…

実際、在籍確認無しで審査通るキャッシングというのがあるのでしょうか?どこにあるのか、あるならどういう方法で貸出をしているのかが気になります。

在籍確認なしで審査通るキャッシングは大手にも増えてきた

最初から在籍確認なしだったというよりも、最近増えてきているように考えたほうがいいかと思います。在籍確認なしで審査通るキャッシングというのは最近になって増えてきたものなのです。今までは普通に審査をしていたのに、急に方向転換をしたと言われています。そしてそれは大手にも増えてきているのです。

大手の消費者金融、そして銀行系カードローンの両方共にこういったキャッシングの方法が増えているのです。ちなみに大手の消費者金融でも銀行系カードローンでも、基本的には原則として普通は在籍確認というのがあります。電話をしてちゃんと働いているかの確認をするわけですが、それがないのです。

やり方はほとんどのところが会社でしか発行していない、公式の書類を持ってくるように言うようです。例えば給料明細、源泉徴収票、社会保険証などのようです。これらを持っていって見せることで、在籍しているということを確認するようです。ですので実質はないようなものといえるでしょう。電話がないというのが実際で書類を別で配るというのが本質ですが。

今はこういう業者が増えてきたようで、どんどん増えているのは消費者金融も銀行系カードローンもお客さんのほうが求めているからだと言われています。お客さんの多くがあまり在籍確認をされるということが好きではないようでやめてほしいという依頼が多いために行われるようになった、ということのようです。

在籍確認なしでも今は貸出を出来る仕組みというのがしっかりと出来たというわけですから、利用者としては満足じゃないでしょうか。

在籍確認なしで審査通るキャッシング。そんなのありますか?

日本人は個人のレベルでお金を借りるということを、忌み嫌う傾向があります。会社などの法人レベルでは、お金を借りるという行為は、むしろ普通です。お金を借りて、それを増やして、金利を付けて返す、というのが会社の営業サイクルだからです。むしろ、借金のない会社は、その信用力が疑われるほどです。(参考ページはこちら→事業向けの融資知識

しかし、いまだに個人のレベルでは、借金は暗いイメージがあります。金利を付けて返済すれば、何も問題のない通常の取引です。スーパーの買い物のようなものです。だからでしょうか、キャッシングの審査の時の在籍確認を非常に嫌がる人が大勢いるのは。

キャッシングを契約する際は、必ず審査に合格しなければなりません。審査に合格する条件の一つに、在籍確認という作業があります。在籍確認とは、借り入れをする本人の会社に、金融機関が電話をしてくるというものです。なぜ電話をしてくるのかというと、本人が本当にそこで働いているかどうかを確認するためです。貸す側にとってみれば、当たり前の行為です。実は無職だった、などという人にお金を貸すことはできません。なにより、嘘つきにお金を貸さないのは日本のみならず世界の常識です。

でも、この電話を日本人はとても嫌がります。借金することが会社にばれるわけではありません。そんなことは借りる本人も分かっています。でも、何か不安なのです。後ろめたいと言うのでしょうか。クレジットカードの契約の際の在籍確認は、なんとも思わないのに、です。あれと同じ作業なんですね。

在籍確認なしで審査通るキャッシングは、あるのでしょうか。実は利用者の声に応じて、そのような契約の仕方も出てきました。厳密にいうと、会社への電話ではなく、別の方法で在籍を確認する方法です。たとえば、会社の給与明細の提示です。明細には会社名が入っていますよね。または、健康保険証の提示です。これも会社名が入っています。

ただし、会社への電話を極度に嫌がると、金融機関が不安になってしまいますので、できることなら受けたほうが良いでしょう。何らかの後ろめたいことを隠しているのでは、と邪推されたら、上限額も引き下げられて、金利は上げられる可能性もありますので。