親にバレずキャッシングしようとして失敗した体験談ってありますか?親にバレずキャッシングすること自体がかなり難しいと思いますし、最近だったらすぐにパソコンとかでバレてしまうんじゃないかな?と感じていますが、どうなのでしょうか。

実際大学生などで失敗した人がいればぜひ教えてもらいたいと思います。(参考ページはこちら→学生は融資って受けられるの?

親にバレずキャッシングするということ自体がハードルが高い

そもそもの話として親にバレずキャッシングをすること自体、かなりハードルの高いことであるということを理解してもらわないとダメでしょう。多くの消費者金融、及び銀行系カードローンでは大手を始めとして、親の同意がない場合のキャッシングというのを断っている所も多いのです。つまり親にお伺いを建てないと借り入れができない状況になっているということです。

このような状況が普通であるとされていますが、しかし学生ローンであるとか学生でもフリーター並みにアルバイトを頑張っているという人もいます。こういう人の場合は基本的にはフリーターと同じように別に親の同意を求めないでもOKという場合が多いので、そういう人たちについては失敗談もあるかと思います。

例えばですが親にバレたというのが借金の督促状で、支払いがちゃんとされていなくて怒られたという人もいます。督促状もすぐには最近届かないので気づいたらすぐに遅延損害金と一緒に支払いをするようにしたら大丈夫なのですが、放置し過ぎるとどうしても督促状が来るのでそれで親にバレてしまうということがあるようです。

後は親にバレずに大きな買い物をしたという場合もバレることが多いようです。小さい買い物であれば小遣いなどの範囲かなと思うみたいですけれども、大きな買い物をしてしまうとそれが家の中にやってきますから、それでバレてしまうということもあるようです。最近はネットショッピングでもすぐに大きなものが買えるのでバレやすいと言えるでしょう。

学生ローンやフリーター並みに働いている学生であれば、こうやって親にバレずキャッシングをしようとして、失敗したという人は多いようですよ。

【参考ページ】
内緒で借りられるかを直接質問してみよう

親にバレずキャッシングするためのコツを知ろう

学生さんや働き始めの若い世代の方にとって、レジャーや人付き合いにかかるお金は毎月の支出の中でもかなりの割合を占めるのではないでしょうか。余暇や趣味、飲食に使うお金は一番節約しやすいものでもありますが、若いうちにしか経験できない様々な楽しみを我慢しなければいけないのも惜しいものです。そのため、このような場合にはいかに上手にお金のやりくりをするのかが重要な課題となります。

友人との旅行や飲み会など、自分の都合だけで日程を変更できないお付き合いがある場合は、足りない分をキャッシングで補うことも一つの方法です。大手の金融機関が提供するキャッシングの中には学生でも申し込めるタイプのものもあり、若い世代の方でも利用しやすい点が大きな魅力となっています。

キャッシングの利用経験がない人にとっては、若い身分でお金を借りることに抵抗を感じるものかもしれません。特に親にバレたくないという不安を持つ人は非常に多くいます。しかし、自分の名義で申し込みをすれば、親にバレずキャッシングを利用することは十分可能です。そのためのコツはさして難しいものでもありませんので、自分の条件に見合ったキャッシングプランを探してみましょう。

自分の名義でキャッシングを利用するには、自分自身に一定の収入があることが最低条件となります。この収入というのはアルバイトやパートでも可能な場合が多く、学生さんがキャッシングを利用する場合は、アルバイトによって得られる収入の額が審査の基準となります。

また、キャッシングの手続きには在籍確認と呼ばれるものがあります。これは自宅や勤務先に本人が在籍していることを確認するために、キャッシング会社から電話がかかってくるものです。しかし仮に親が電話に出た場合でも、キャッシング会社の名前を名乗るようなことはないため、在籍確認で家族にバレてしまうといった心配はありません。それでも抵抗を感じるという場合は、Web上だけで全ての手続きが完了するタイプのキャッシングをご利用になることがおすすめです。