世間では「生活保護の人は楽をしてお金をもらっていていいな」と言われていますが、あんなのは一部の人だけです。多分なにか特別な人なのでしょう、実際に生活保護お金がない私なんてほんとに10万円もないお金で生活をせざるを得ないのです。

だからかなり苦しい状況でいつも何とかしたいと思っていて、キャッシングだって使いたいのです。でも生活保護お金がないと借りられないと聞いたので今は使っていないのですが…キャッシングはやっぱり使えないのですよね?(参考ページはこちら→生活保護がお金を借りられない理由

確かに生活保護お金がないとキャシングはほぼ無理だ

世間では楽をしてお金を稼げて羨ましいという人も多いですけれども、質問者の言うとおり生活保護お金がないという人のほうが大多数だというのはそのとおりだと思います。だからこそキャッシングをしたいという気持ちもよく分かるんですけれども、まずそれはできないと思ってもらうしかないでしょう。キャッシングしたい状況でも審査に通ることはありません。

生活保護は生活をするために何らかの障害がある人達が中心です。怪我をしている障害がある、家族の介護があるなどいろいろな理由があるでしょう。そういう人たちのために生活保護があるわけですが、そうなるとなかなかキャッシングしたいからといって、返済するだけのお金を生み出すのは難しいでしょう。隠れてお小遣い稼ぎをしたりするしかないのが現状です。

それでも借入金額によっては返済を月に2万円3万円としなければならない場合もあり、それだけの返済額を支払える能力がある人はそもそも生活保護お金がないと困っていない人たちです。ですから、借り入れをすることが難しい、ということになります。返済できるかどうかということを非常に強く求められるので、生活保護お金がない人には厳しいのです。
(⇒融資審査はシビアに見ている

キャッシングしたいと思っても厳しいかもしれませんが、その分行政に相談すれば融資をしてくれる可能性もありますし、何かしらの相談に乗ってくれることもあります。NPOなどのサービスも有りますからそちらを利用して少しでも出費を減らす方を優先した方がいいかもしれません。

生活保護お金がない方でキャッシングしたい人におすすめ

現在の日本では格差社会が広がっていますので、生活保護を受けている世帯も非常に多くなっています。限られた資金だけでは、生活を送っていくためのお金も不足することが考えられます。生活保護お金がない方の中にもキャッシングしたいと考えている人もいると思いますが、そのような人の場合は収入を得ていなくても借り入れできるキャッシング会社がおすすめです。
(⇒仕事をしていなくても融資って可能?

楽天銀行スーパーローンは年齢が20歳から60歳までの方であれば、収入を得ていない専業主婦や学生でも借り入れができるキャッシングとなっています。収入のない専業主婦の場合は利用限度額が50万円までとなっていますが、配偶者の同意書や勤務先への在籍確認も無しで借り入れるができますので生活保護お金がない方におすすめです。

楽天銀行スーパーローンは借り入れの希望額が200万円以下であれば、給与明細書などの所得を証明するための書類の提出が義務付けられていませんので、会社からの給与を得ていなくてキャッシングしたい方でも借り入れしやすくなっています。

インターネット事業を展開している会社ですので、融資事業においてもパソコンやスマートフォンを使ってインターネットから簡単に申し込みをすることができますので、手続きが手軽にできて便利です。本人確認書類の提出も、パソコンのスキャナを使ったり、携帯電話やスマートフォンのカメラで書類を撮影したデータを送信することで提出することができます。

学生でも利用限度額が最大10万円まで借り入れができるようになっていますので、生活保護お金がない世帯でも主婦と学生と合わせて最大で60万円まで借り入れることができます。銀行のキャッシングであれば、年収3分の1を超える金額でも借り入れることができて安心です。
(⇒立場関わらず借りる方法

金利が低く設定されていますので、他の消費者金融業者からの借り入れがある場合であっても、借り換えやおまとめ目的としても利用できるのでおすすめです。(参考ページはこちら→低金利な融資なら使い道も多い?