できるかできないか、借り入れが可能かどうかというのは人生や生活を大きく左右するもので、それによっては自己破産をしなければならないという人もいるでしょう。特に身寄りのない独身で一人暮らしの無職でもキャッシングはできる?というのはすごく気になる点です。一人暮らしの無職の人は少なくないからです。
(⇒自己破産はできるだけ避けよう

最悪、生活保護ということになるのかもしれませんが、そうならないためにも一人暮らしの無職でもキャッシングはできる?という疑問は当然ではないですか?

一人暮らしの無職でもキャッシングはできないことはない

正直なところあまりオススメはしないんですけれども一人暮らしの無職でもキャッシングはできる?と言われるとできるのはできます。ただ満足できる借り入れかどうか、それが将来的な安定や成長につながるかなどは全く関係がないといえるでしょう。なぜなら借り入れできるところがかなり限られてしまうからです。

例えば借りられる業者は近くの街金だったり、危ないサラ金だったり、よくわからないネットローンだったりすることもあります。そもそも無職に簡単に貸出をしてくれるようなキャッシングの業者はほとんどいないのです。大手ならなおさら貸してもらえないでしょうから、どうしても厳しい状況にならざるを得ないです。

そういう中小の業者から借りた場合は金利が高かったり、借入額が少なくて、すぐに多重債務になってしまったりします。そうなると将来的にマイナスに働くことも考えられるのです。オススメとしては無職の愛だというのはあまり借り入れをせずに、キャッシングではなく国や自治体の制度に頼るほうがいいでしょう。そのほうがリスクは少ないと言えます。

そしてその国や自治体の制度を使ってうまく就職でき、働くことができて給料をもらえるようになったら、新たにまたキャッシングをするという方法が最も最終的に将来のステップアップにつながるかなと思います。無職で借りるということ自体を否定はしませんが、一人暮らしの無職でもキャッシングできる?というと、それが将来につながらない限りはおすすめしづらいのです。

無職でもキャッシングできる?審査に通る?

キャッシングの利用を開始するためには、まず金融機関の審査を受けなければなりません。その審査を通過すれば、カードが発行されてお金を借りることができるようになります。

お金がない人に融資をするのが金融機関の仕事なのに、どうして無条件でお金をかしてくれないのか、と不安に思う人もいるかもしれません。金融機関が審査を行うのは、貸したままお金が戻ってこない事態が起こるのを防ぐためです。例え金融機関であっても、貸したお金が戻ってこなければ貸すお金もなくなってしまい、潰れてしまう可能性もあります。信頼できない人にお金を貸していては、こういった貸し倒れのリスクが高まる一方です。これは金融機関にとってマイナスなので、審査によって返済能力の有無を見極めて、問題のない、信頼できる人へ融資を行うのです。信頼できないと判断されるのは、在籍確認がとれなかったり、他社からも借り入れを行っていたり、過去に返済の遅延や自己破産など金融事故を起こしている場合です。(参考ページはこちら→金融事故を起こすとどうなる?

そのほか、勤め先の情報も判断材料になります。一般に、自営業や個人事業主よりも、毎月決まった給料が会社から支払われるサラリーマンの方が、安定していると判断されて審査に有利になります。住居形態も借家よりも持ち家、勤続年数が短いよりも長い方が審査に有利とされています。

以上から、審査において重要なのは「安定」していることだと分かります。定職に就いていて、一定の継続した収入がある人が、返済能力があると認識されるのです。安定した継続収入があれば、正社員以外の勤務形態でも問題ありません。勤続年数がある程度長ければ、アルバイトやパートでも審査を通過できる可能性が十分にあるのです。しかし、定職についておらず、収入が0円の無職でもキャッシングできる?というと、できないところがほとんどです。旦那が大手企業に何年も勤めている専業主婦を除いて、無職で一般的な金融機関の審査に通ることは非常に難しいといえます。