噂レベルでの話なんですが、郵貯銀行のキャッシングというのがあるというのを聞きました。郵貯銀行は結構使っているんですけれども、初めてそういうものがあるのを知りました。しかもその郵貯銀行は無利息キャッシングというのもできるというのを聞いたんですけれども本当でしょうか?

大手の金融機関で、かつ無利息キャッシングできるとなればかなりいいと思うので、ぜひ使ってみたいと思っています。実際はどうなっていますか?

無利息キャッシングは郵貯銀行では扱っていない

この情報は半分本当で半分ウソなので、ちゃんとまとめておいたほうがいいでしょうね。まず、無利息キャッシングというものは扱っていません。おそらくその噂を流した人はなにかと勘違いしているのだと思います。無利息キャッシングは大手の業者でも扱っているところは限られるほど、そんなに多くはないのです。

しかし郵貯銀行がキャッシングそのものを扱い始めたという情報は本当です。実は昔はそういうものを一切扱っていなかったのですが、ある銀行と一緒になってキャッシングの商品を作ることになったのです。もともとそういったものは一切扱っていなかったのですが、キャッシングを使うことができるようになった、という背景があります。

郵貯銀行は御存知の通り貸出などをしてこなかったので、キャッシングをするということだけでもかなりの勇気が必要だったのでしょう。実際法律のこともありますから簡単ではなかったのだと思います。とりあえず貸出がキャッシングでできるようになった、ということは間違いないですが、無利息キャッシングについてはできない状況です。

もしかすると今後は無利息キャッシングをすることができるようになる可能性もあるかもしれません。今のところは単純なキャッシングくらいしかないので、あまり優れた商品を生み出すことができていません。大手の銀行系カードローンのほうが人気があるのもそのためでしょう。ですが規制緩和で法律が変わっていけば、無利息キャッシングを始め、いろいろなサービスが出来る可能性もあるでしょう。

【参考ページ】
無利息でお金を借りる方法について

郵貯銀行の無利息キャッシングを使ってみよう

キャッシングを行う場合、ATMを利用されることが多い傾向があります。郵貯銀行のATMを利用できる会社であれば、全国にあるため、利便性が高くなっています。郵貯銀行のキャッシングは原則として利息がかかります。無利息キャッシングを行うには、基本的に無利息融資を掲げているところ、かつ、郵貯銀行のATMを利用できる会社との契約が必要です。キャッシングを行うためには基本的に審査が必要ですから、まずその審査を通過して契約する必要があります。契約を行う会社によって条件が違いますから、契約をする前にその条件についてよく確認しておくことが大切です。(参考ページはこちら→借り入れ条件の違いにも注目

契約が完了したら、無利息の融資の条件を確認しなくてはなりません。まずは回数です。回数は契約条件によって異なります。1ヶ月に何回までが無料なのか、もしくは契約して初めての借り入れのみが無料なのか、回数制限を超えて利息が発生する場合の利息は何パーセントなのか、よく調べておく必要があります。また、借り入れからの期間によっても異なる場合があります。借り入れを行った日から指定の期間内で返金ができれば手数料や利息がかからないというものです。基本的に短期間で設定されていることが多いのですが、最長で30日くらいのものもありますので、お給料日まで時間が長い場合はこのような会社を利用するほうが安心かもしれません。(参考ページはこちら→利息の計算はしっかりと行おう

続いてキャッシングの方法です。キャッシングは契約した会社から銀行に一度お金を振り込んでもらって、それをATMで引き出す方法と、直接、ATMで手続きをして現金を受け取る方法があります。振込みが行われる場合は、振込みが確認できたらそのお金を銀行で通常のお引き出し方法と同じように手続きして利用することができます。直接ATMから手続きを行う場合、郵貯銀行であればATMの「その他取り扱い」を選択し、さらに「その他」を選択、それ以降は画面の指示通りに操作することで手続きを完了することができます。