裏ワザではないと思いますが、知っている人だけが知っているかのような情報として無職でもキャッシング出来る方法というのがあるというのをよく聞いています。無職でもキャッシング出来る方法なんてあればそれこそありがたいのですが、問題はその方法というのが安全にできるのかどうかです。

安全でない方法ならいくつもあるかと思いますが、安全にできないのであれば意味がありません。リスクがない方法で、普通のキャッシングと同じように無職でも出来る方法はあるのでしょうか。
(⇒融資審査を通過する為の基礎

およそ半分くらいの方法は無職でも安全にキャッシング可能

無職でもキャッシングが出来る方法というのはいくつか紹介されています。口コミサイトなんかを見れば10個くらいはその方法が見つかるかと思いますが、全てが全て安全にできるというようなものではありません。グレーな街金を使って借り入れをする方法やヤミ金とわかっていながらも使う方法などは危ないリスクをはらんでいるといえるでしょう。
(⇒金融機関はちゃんとしたところを選ぼう

しかし無職でも安全にキャッシング可能な方法というのがないというわけではありません。リスクがなく、しかも普通の消費者金融などとな滋養に借り入れができる方法もあります。例えばその典型的な方法が大手の銀行系カードローンなどを一番調子が良かった時代に使っておく、ということです。働いていて給料も良かった時代に作っておけば、その後もそのローンカードを無職でも使えるのです。

この方法が最も効果的なのは間違いないのですが、無職でも借り入れが出来るキャッシング方法であるこの方法がひとつあり、もう一つが一時的に自営業になるという方法です。自営業で少し稼ぎを出せばいいので小遣い程度の商売やインターネットで売上をあげたらいいでしょう。そうなれば自営業で商売を始めた、ということで無職よりは借り入れをしやすくなります。

これらの方法でポイントは大手や有名業者を利用することです。グレーなところなどはできるだけ排除しているというところが最も安心できる点ではないでしょうか。安心するためには変な業者を使わない事が重要なのです。

無職の主婦でもキャッシングを利用できる方法があります

近年の消費者金融は銀行と提携を行っていたり、子会社としてグループの一員として傘下に入っていますので大手銀行の豊富な資金を活用して融資事業が行われています。ですので、最近のキャッシングは積極的に幅広い世代や職種の方に対して融資を行って、利息を含めて回収することで利益を得ています。

銀行や消費者金融業者のキャッシングサービスは運営している会社ごとに様々なサービスが行われていますので、職業によって借り入れられないケースも少なくなっていますので、安心して多くの方が融資を受けることが可能と言って良いでしょう。安心して借り入れることができて無職でも融資を受ける方法は、キャッシングの申し込み条件に収入を得ていない主婦でも借り入れ可能なものを選ぶことです。

バンクイックは安定した収入を得ている年齢が20歳以上から65歳未満の方が融資対象となっていますが、契約者本人の収入のない専業主婦や学生であっても借り入れが可能になっています。収入を得ていない専業主婦でも借り入れは可能ですが、配偶者に安定した収入がある必要があります。無職の専業主婦の場合は、借り入れの限度額は最大で30万円までとなっており、婚姻関係の証明書や、配偶者の収入証明のための書類の提出は必要ありません。学生の場合は親権者の同意があれば、利用限度額は最大で10万円までと制限がありますが借り入れ可能です。
(⇒学生が融資を受けるのは難しい?

無職の主婦が借り入れできるキャッシングとして、楽天銀行カードローンもおすすめです。楽天銀行カードローンは、年齢が満20歳から60歳まで借り入れの申し込みをすることができて、仕事をしていない無職の主婦の場合は利用できる限度額は50万円までとなっています。楽天銀行の口座がなくても申し込むことができて、利用限度額が200万円以下であれば給与証明書や源泉徴収票などの提出を必要とされていませんので、無職の方も安心して申し込むことができるキャッシングと言えるでしょう。パートやアルバイト、学生の方でも借り入れできますし、銀行カードローンは総量規制の対象となりませんので年収に関係なく借り入れできる点がメリットです。

【参考ページ】
無職がお金を借りる場合に気をつけたい点