20歳未満の人たちを未成年としていると思いますが、未成年の時にキャッシングをするとどうなるんでしょうか。最近は学生ローンというのもあると聞いていますし、大学生でも未成年の人はいると思います。そういう時にキャッシングをすると金利が高くなったりするのでしょうか。

借りられないということ自体はないと思っていますが、社会人一般と同じくらい借りられるとは思えません。どういう制限があるのでしょうか。

未成年のキャッシングは金利も高く限度額が低い

未成年のキャッシングでは金利も高く、限度額は逆に低くなるという傾向がある、と言われています。これは全体的にそう言われていますが比較してみると主婦よりは借り入れが多かったりすることもあるので業者によったりその人となりによったりするのでしょう。けれども一般社員の人たちに比べると、確実に金利は高くなります。

そもそも学生が消費者金融などでキャッシングできるかという問題もあります。これは親の同意というものが必要で、親が「借りてもいい」と言わない限りは借りられないようになっている、というわけです。ですのでどこでも使えるというわけではない、自由に使えないということが前提になっています。

じゃあ自由に使えない前提で消費者金融などのキャッシングを使えるとした場合、親がOKを出したとしてどのくらい借り入れが可能か?というと大体多くても30万円程度までだと言われています。大手の有名なところであれば10万円というところも少なくありません。これは親の収入などに関係せず、少ない金額になるとされています。

枠がそれだけ小さいということはやはり金利も高くならざるを得ません。ですので、枠が小さい状況ではどうしても金利はほぼ上限に近い形になりがちですので借り入れをするときに未成年であればそのくらいになると思っていてください。

そして未成年では借りられないというところもそもそもあります。20歳以上じゃないと借りられない所も多いですし、金利が高くなったり限度額が低くなる以前の問題ということでしょうね。

未成年でも利用できる金利の低いキャッシング業者

キャッシングを利用したいと考えているなら、安定した収入を得ているということが必要になります。しかし、これは正社員しか利用できないというわけではなく、パートやアルバイト、派遣社員などといった雇用形態でも、毎月安定した給料をもらっていれば借り入れを行うことができる場合がほとんどです。ちなみに、たいていのキャッシング会社は18歳以上という年齢制限を設けており、18歳以上でも大学や専門学校生である場合は、信用の度合が低くなかなか借り入れができないということもあります。

未成年の学生だけどキャッシングを利用したいという人のため、学生ローンというサービスがあります。この学生ローンというのは、18歳以上の未成年の学生を対象としたローンのことであり、学生でも借りやすいという特徴を持っています。さまざまなキャッシング会社が学生ローンを取り扱っているため、調べてみると良いでしょう。もちろん学生ローンと言っても収入がなければ借り入れをすることはできませんが、アルバイトなどをしっかり行っていれば審査に通る可能性が高いと言えます。

学生は勉強だけでなくさまざまなことに興味を持つ時期であり、その全てにお金を払っているとバイトだけでは足りなくなってしまうこともあるでしょう。そのような時に学生ローンは非常に役に立ってくれるサービスであり、お金がないからと言って学生のうちにしかできないことを諦めると損をしてしまいますし、あの時にやっておけば良かったという後悔を残さないためにも学生ローンを賢く使うようにするのがオススメです。

キャッシングを利用すると利息が発生することになっており、その利息の割合を占める数字のことを金利と呼んでいます。この金利は法律によって上限が定められており、違法に高い金利を設定している消費者金融もあるのですが、そのような業者は闇金なので注意が必要です。金利は利用者側にとっての支出となるため、少しでも安いところを探すようにすると良いでしょう。