キャッシングについての話なんですけれども、キャッシングをする時期によって色々と条件が違ってくる、というのはよくわかっています。で、そのキャッシングをするときに失業保険をもらっている時だったらどういう取り扱いになるのでしょうか。実は現在失業保険をもらっているところなのです。

なので失業保険をもらっている期間中はどういうふうになるのか、キャッシング業者はどう思っているのかなどを教えてもらえると助かります。

キャッシング業者的には失業保険はフリーターレベルだろう

正直なところを書くと、本当ならばキャッシング業者からすると失業保険をもらっているというのは失業している状況、つまり無職として扱われることも多いかと思います。本来であれば無職扱いにしたいところではありますけれども少なからず失業保険をもらっているわけですから、だいたいフリーターと同じくらいの信用度かと思ってもらえるといいかと思います。

フリーターと同じくらいですから、失業保険をもらっている間はかなりキャッシング審査は厳しいと思っていたほうがいいでしょう。消費者金融の一部では審査に通らないかもしれませんし、大手の銀行系カードローンも借り入れができたとしても10万円などの少ない枠だけ担ってしむ可能性もあります。

もちろん失業保険期間中になるまえに借り入れをして実績をつけていれば、問題なく借り入れをすることができたかと思います。しかしいざ審査を受けようとしたら失業保険をもらっているのですという事実を見ると、業者側からすればちょっと厳しいなと感じるかと思います。ですのでさっさと就職をしてからカードローンなどの申し込みをしたほうが、審査の印象は圧倒的に良いと思います。

失業保険は現在3ヶ月待たないともらえない、というルールが有ります。自己都合退職の場合ではありますが、その間はなんとかどうにかして生活を維持しなければなりません。そんな時にはキャッシングがかなり使えますから、「会社をやめよう」と思うその前に、一枚でもいいのでローンカードは作っておいたほうが無難かと思います。(参考ページはこちら→カードローンは備えておくのが基本

失業保険を受給中の人はキャッシングを利用できる?

勤め先の倒産や、体調不良などの理由によってやむを得ず離職せざるを得なかったというような場合において、失業保険は非常に重要な存在となってくれます。期間が限定されていることは確かですが、いきなり無収入になってしまうなどの状態を回避することができれば、その後の生活の建て直しなどはより行いやすくなることでしょう。

ですが実際には失業保険のみで生活をしていけるという人はさほど多くないものです。特に家族や子供がいる家庭などであれば、受給できる金額では養っていくことができないケースが多くなってくるのが現実です。

そうした際には一時的にであっても家計を助けるため、キャッシングの利用などを希望する人が多くなります。では失業保険を受給中の人はキャッシングを利用できるのかというと、これは残念ながらほぼ不可能であるといわざるを得ません。

基本的にキャッシングは貸付の対象を「安定した収入がある人」として定めています。これは「貸したお金は利息をつけて返してもらう」というキャッシングの基本的な事業形態を維持するために必要不可欠な基準です。もし返済することができない人に対してお金を貸し付けてしまうと、返済のペースが遅くなってしまったり、最悪の場合には自己破産などで債務を帳消しにされてしまうことがあります。こうなってしまうと貸し付けた側にとっては大きな損ということになってしまいますから、業者は安定した収入の無い人に対しては貸付をしないということになってしまうのです。

加えて失業保険は「期間限定」の給付です。失職して収入が少なくなってしまった状況では、受給できている間に全額を返済できるということも保証されないということになってしまいますから、基本的に失業中は借り入れることができないと考えるべきということになるでしょう。(参考ページはこちら→仕事をしない限りは借りられない?

もしどうしても利用が必要になったというような場合であれば、アルバイトやパートなどで収入を確保するというのも手段の一つです。キャッシングでは例え収入が少なくとも、安定して給与を受け取ることができているのであれば審査を通過する可能性が出てきますから、失業保険の給付が終わった後でまだ再就職ができず、家計に苦心をするようであれば、一度アルバイトやパートとして働き、最低限の条件を満たせるようにすると良いでしょう。