個人事業主です。月々の収入はあるのですが、少し生活をするには苦しい状況なので、キャッシングで融資をお願いしようと思っています。しかし、個人事業主なので誰かに雇われているわけではなく、普通の会社員とは異なります。

キャッシングで融資をもらいたいが、起業した個人事業主の印象はどんなものなのでしょうか?

安定してないと思われがちだが、安定を証明できれば利用可能!

キャッシング業者から見た個人事業主の印象というのは「安定していない」というのが、まず第一にあります。個人事業主の方の月々の収入は変動し、ご質問者様のように生活が苦しい月も出てくると思います。そのため、安定した収入が得られないと判断されることが多いのです。個人事業主がキャッシングの審査に通ることが難しいといわれるのは、このへんの事情が関係ありますね。

また、個人事業主の方というのは、仕事と生活が直結していることが多いものです。つまり、仕事がダメになったときに生活も苦しくなってしまうことが通常の会社員に比べて顕著です。そういった面でも信頼がし辛いとキャッシング業者は考えます。

しかしながら、世の中の個人事業主の方の中には会社員よりも稼いでおり、安定して収入を得ている方もいます。言ってしまえば、上記で述べたのはあくまでもキャッシング業者からみた個人事業主の印象なので、安定した収入があることが証明できれば、キャッシングの利用はできます。

安定した収入の証明には、通常だと収入証明書として源泉徴収や給与明細を提出しますが、個人事業主の場合は、確定申告などの収入証明書に加え、経営状況が確認できる書類を提出することになります。経営が安定していれば、それはそのまま個人事業主の方の収入の安定に繋がるわけです。

個人事業主となると全て自分の手で行い、様々な面で大変なことがありますが、決して不利な職業ではありません。きちんと指定された書類を提出し、安定した収入を証明できれば、普通の会社員と同様にキャッシングの審査には通りますよ。

個人事業主の起業と融資資金とキャッシングの印象

個人が資金調達する方法として、キャッシング専用のカードを使うカードローンがあります。かつてはマイナーな印象があった金融商品ですが、近年では、消費者金融会社などの貸金業者だけでなく、大手都市銀行をはじめとした一般金融機関、インターネット専用銀行などでもカードローンを提供していますので、マイナーなイメージが払しょくされてきた感があります。

この商品は、資金使途を問わずにどんな用途にもご利用いただけるのが特徴ですが、ただ一つ事業性資金には利用できない決まりになっています。個人事業主の方が会社を起業する際にご利用になるには適した商品ではありません。事業性資金の融資をごきぼうされる際には、それに適したローン商品があります。公的資金としては日本政策金融公庫などでも対応していますので、ホームページを確認してみてはいかがでしょうか。

その他、民間金融機関でも、個人事業主の方をターゲットにしたローン商品を販売しています。中でもスルガ銀行は、種類が豊富で選択肢が多いのが特徴です。
(⇒銀行は事業者にもしっかり融資してくれる?

スルガ銀行は、静岡県沼津市に本店を置き、神奈川県・静岡県を営業エリアの中心とする地方銀行ですが、日本で一番拠点数が多いゆうちょ銀行とて業務提携をしていますので、カードローンを利用できるATMの数が他社に比べて群を抜いて多いという特徴を持っています。この銀行の提供している「イービジネスカードローン」は、法人及び個人事業主の方向けのカードローンです。ご利用極度額は100万円・200万円.300万円.500万円の4タイプあり、連帯保証人は法人の場合は代表者になりますが、個人事業主の方がご利用になる際には連帯保証人は不要になっています。ご利用上限額は、審査によって決められますが、上限額以内であれば提携ATMから何度でも借入れと返済が繰り返せるのは個人向けカードローンと同様です。

また、提携金融機関ATMとゆうちょ銀行ATMからの1日当たりの引き出し限度額は200万円までですので、急な資金繰りにも対応しやすいのではないでしょうか。

【参考ページ】
事業者におすすめのお金の借り方