こないだ転職しました。転職したことによって、以前よりも給料が上がり、働きやすくなりました。自分の中ではとてもいい転職でした。

しかし、ひとつだけ問題がありまして、転職先が現在住んでいるとこよりもちょっとばかり遠いのです。通勤に時間がかかるため、できたら引っ越したいのです。そこで引っ越し資金のためにキャッシングを利用したいのですが、転職したばかりだとキャッシングの利用ができないと聞きました。

転職したばかりでキャッシングしたいときはどうしたらいいですか?

転職してから3か月待つのがキャッシング利用の一番の近道!

転職したばかりでキャッシングを利用したいということですが、転職したばかりだとキャッシングの審査に通ることが難しいと言われています。なぜなら、転職したばかりだと収入も生活も安定していないため、いつ返済ができなくなるかわからないからです。

キャッシング業者は勤務歴を重要視しており、勤務歴が長ければ長いだけ信頼できる人だと判断します。その反対に勤務歴が短いと信頼できると判断できないわけです。転職したばかりということは、現在は研修期間でしょうか。研修期間というのは、収入が通常よりも低く設定されていたり、時給制だったりしますよね。この時点で安定した収入という条件に当てはまらなくなってしまいます。

また、研修期間の最大の問題は研修期間中に辞めてしまう可能性があるということです。研修期間中だと退職のハードルは低いですよね。会社側としても研修期間中に仕事が合うか判断する部分があります。そのため、研修期間を乗り越えないと仕事としても安定しないと考えられ、信頼するにはちょっと早いとキャッシング側は判断します。

転職したばかりだと、生活が安定するまで金銭面の不安がありますよね。今回のように勤務先によっては引っ越しをしたいと思うこともあるでしょう。しかし、今、申込みを行っても落ちる可能性のほうが高いのでお勧めできません。

転職したばかりで一番早くキャッシングが利用できるのは、最低でも3か月後。研修期間が終わったころです。これでも勤務歴としては短いので、本当なら半年以上経って生活が安定しているほうが望ましいです。ですが、どうしても利用したいということでしたら、せめて3か月待ちましょう。キャッシングの申込みは履歴として残ります。短期間で多くのキャッシングに申し込んだ履歴があると、それだけで信頼度が低くなります。万全の体制で申込みするのが一番の近道です。

転職したばかりでキャッシングしたいなら会社選びが重要

金融機関のキャッシングを利用したい場合には、まずは申し込みをして審査に通らなければなりません。その審査ですが、一つの会社に長く勤めている人に較べて、コロコロと転職を繰り返すような人は評価が低くなってしまいます。しかし、転職の有無だけが審査基準ではありません。審査はその人の属性を総合的に判断します。それゆえ、転職したばかりでキャッシングしたいとしても、悲観する必要はありません。

そんな時には、まずは審査の易しい金融機関選びから始めれば良いのです。たとえば銀行のキャッシングは審査が厳しい傾向があります。ゆえに自分の転職歴が気になる場合は、銀行は避けたほうが無難です。その一方、消費者金融などの貸金業者であれば、銀行よりも審査は明らかに易しいです。それゆえ、有望な選択肢と言えます。

ただし、どんな金融機関にもメリットとデメリットがありますので、それを忘れてはいけません。確かに消費者金融の易しい審査は大きなメリットですが、その代わり、金利は高めに設定されています。この高金利というものは、残念ながら大きなデメリットと言わざるを得ません。銀行も同様であり、低金利のメリットと審査の難易度の高いデメリットがあります。

このようにして、金融機関選びはメリットとデメリットの兼ね合いをよく考えなければなりません。転職したばかりでキャッシングしたい場合なら、確かに貸金業者は有利です。しかし、もしも少しでも金利を低くしたい場合であれば、その時には銀行を選ぶべきです。要は、今の自分に最適な金融機関を選ぶべきだということです。

ちなみに大急ぎでキャッシングを利用したい場合であれば、即日審査と即日融資に強い消費者金融が良いでしょう。最近では銀行も随分とスピーディなキャッシングが増えてきましたが、審査の難易度との兼ね合いを考えるなら、やはり消費者金融のほうが少し優れています。本当にその日のうちにキャッシングがしたいなら、銀行よりも消費者金融のほうが少し可能性は高いということです。