無利息期間のあるキャッシングというのはお得、そういうふうに思っています。無利息期間のあるキャッシングというのはすごく限られていて、私が使っているところは使えば使うほど無利息期間を設定することができるキャッシングです。一応使えるようになったらすぐに使うようにしていますが、それでもお得だと思っています。

やっぱり一番お得なのは無利息期間のあるキャッシングですよね?他の金利が高いキャッシングなんかよりも、全然お得ですよね?

無利息期間のあるキャッシングは確かに便利だが…

かなり無利息期間のあるキャッシングを気に入って使っているようですね。確かに無利息期間のキャッシングというのはすごく使える業者でもありますが、必ずしも有利であったり使えるというものでもないというのは覚えておいたほうがいいかなと思います。なぜなら無利息期間のあるキャッシングは長く借りると大して有利ではない、ということがわかっているのです。

たいてい無利息期間のあるキャッシングは長くても30日分くらいまでも無利息にしてもらえるでしょう。大体は7日分などですが、7日分となるとないよりある方がいいかもしれませんが、その後の金利の高さによってはずっと金利がかかるような業者の方が、結果的に金利が低くなるということもよくあるのです。特に銀行系カードローンは金利が低いのでよくあります。

無利息期間がある事自体は悪いことではないのですが、利用の仕方によってはあまり効果的とはいえないのです。たとえば借り入れを少しだけして、それを使い、3日後には収入が入ってくるのでそれを返済に当てるというようなものであれば、無利息期間のあるキャッシングはすごく便利でしょう。逆に1年2年かけて返済していくのであれば、あまり意味が無いといえるでしょう。

おそらく質問されている方は少しだけしか利用していない、短い期間だけ借り入れをするタイプなのでしょうから、それなら問題はないでしょう。ただ、リボ払いで少しずつ支払って得をするためのカードローンをもう一つ持っておいたほうがいいかもしれません。

無利息期間が設けられている消費者金融などのキャッシング

キャッシングの申込みを行うと審査が行われ、審査の中では信用情報の照会による申し込み者の信頼性の審査と、返済能力の有無などの審査が行われます。また、多くのキャッシングは保証人や担保などが不要で利用が可能になっていますが、保証人が不要になる代わりに、万が一に備えて保証会社が申込み者の債務の保証を行っており、申込みを行う場合は保証会社の保証を受けることが必須となっています。
(⇒保証人不要な融資の仕組み

保証会社の保証を受けることで保証会社に対して支払う保証料が存在してきます。この保証料と言うのは一般的には返済に含まれる利息に含まれているのが特徴で、貸付金利の中に保証料が予め組み込まれているのです。そのため、実際の金利よりも高めになっているのが特徴でもあるのです。

保証会社の保証を受けることで、万が一返済が出来なくなっても金融機関は債権を保証会社に対して行いますので、確実に債権を回収出来ると言うメリットがあるわけです。

所で、利息と言うのは借入残高の合計×金利÷365日×借入期間で計算を可能にしています。キャッシングを提供する消費者金融などでは無利息期間を設けているところもあります。無利息期間と言うのは、対象期間の中では借りたお金の一部、もしくは全額に利息が掛からない期間を設けてあることで、期間内に全額返済をすれば利息がゼロの状態でキャッシングの利用が出来ると言ったメリットが有るのです。

尚、無利息期間の多くは30日間だけ借入額の全額が利息がゼロになり、定められた期間の中で全額返済を行えば利息ゼロでの融資を受けることが出来ると言った方法になっているケースが多いのが特徴です。また、180日間の中で利息がゼロになると言うコースを用意している金融機関もあり、この場合は利用額の内5万円までを無利息で貸し出すと言う方法です。

尚、無利息期間が過ぎての返済は通常の利息が掛かる事になります。また、無利息期間のコースが2つある場合等ではどちらか一方を選択して申込みを行うと言う特徴が有るのです。