筑波銀行のバンクカードを持っています。基本的にはキャッシュカードとしてしか利用してないのですが、最近になってクレジットカードとしても利用するようになりました。クレジットカードって確かキャッシング機能がありましたよね?こないだ急な出費に慌てたことがあったので、このキャッシング機能が使えればいいなと思っています。

筑波銀行バンクカードのキャッシングは誰でも借りれるのでしょうか?(参考ページはこちら→銀行キャッシングの実態について

利用可能額があれば誰でもキャッシングを利用できます!

筑波銀行のバンクカードには確かに、クレジットカード機能の中にキャッシング機能があります。キャッシュカードとしても利用しているカードなら常に持ち歩いているので、キャッシング機能が使えたらとても便利ですよね。

クレジットカードのキャッシングは最初のカード作成時にゼロに設定していなければ付属していると思います。カードが来たときの台紙に利用可能額が書いてあるので確認してみましょう。利用可能額があれば、カードを持っている人、誰でも借りることができます。
(⇒キャッシングには別途審査を受ける場合もあるので注意

ただし、クレジットカードのキャッシングで気を付けないといけないことは、ショッピング枠とキャッシング枠が共有されているということです。たとえば、利用可能額が50万円だったときに、キャッシング枠20万円だとします。このとき、ショッピングで40万円を利用していたら、キャッシング枠は10万円しか利用できないことになります。

そのため、いまショッピングとキャッシングでいくら利用していて、キャッシングはあといくら利用できるのか、などしっかり利用した金額と残高を把握しておかないといけません。あっという間に利用し尽しちゃって、次月の支払いが大変なことになってしまう可能性があります。

また、キャッシングの返済にはクレジットと同様、一括払いかリボ払いが選べます。リボ払いだと月々の返済額が一定ではありますが、使い続けるといつまで経っても返済をし続けることになるので気を付けてくださいね。

キャッシングカードと異なり、クレジットのキャッシング機能は、その利用を把握することが結構大変です。ましてや銀行カードでもあるので、口座から自動的に引き下ろされていると、自分がどれだけ何に使っているのかわからなくなります。果てには借金を背負っていることを忘れてしまうこともあります。キャッシングは借金をすることです。そのことを念頭において無理のない利用を心がけてくださいね。

【参考ページ】
銀行などによって用意している融資サービスが大きく異なります

キャッシングもできる超多機能な筑波銀行バンクカードとは

茨城県土浦市に本店を置く筑波銀行では、ショッピングもできる便利なキャッシュカードを発行しています。その名も筑波銀行バンクカードです。このカード1枚にさまざまな機能が備わっているうえ、筑波銀行だけでなく全国の提携金融機関のATMやゆうちょ銀行のATMで使える利便性も備わっているのです。

このカードが多機能なのはクレジットカードとしての機能が備わっているからです。したがってショッピングで利用できるほか、公共料金などの各種支払いにもクレジット払いで使用することができます。代金の支払い方法も選択することができ、一括払いのほか、分割払い、リボ払いから選ぶことが可能です。もちろんカード利用後に電話やインターネットで支払方法を変更することもできます。
(⇒リボ払いで返済するなら少しだけ気をつけよう

またクレジットカードならではの機能であるキャッシングにも、筑波銀行バンクカードは利用可能です。急な出費に困った時でもこのカードさえ所持していれば、筑波銀行のATMのほか、VISAマークのある提携ATMでキャッシングを利用することができるのです。支払についても毎月一定額を支払うリボ払いのほか、一括払いもできますので、利息の支払いが気になる人には便利になっています。

さらにこの筑波銀行バンクカードにはデビットカードとしての機能も付いています。デビットカードは利用時の手数料がかかることなく、代金が直接預金口座から引き落とされる便利なカードですが、デビットカードの加盟店であればこのサービスを利用することが可能です。

このように非常に利便性の高い筑波銀行バンクカードですが、インターネットで簡単に申し込むことができます。インターネットなら店頭に赴くことなく手続きができ、入会申し込み書の記入も不要です。またオプションとしてETCカードやケータイクレジットであるIDサービス、イオングループで使える電子マネーWAONも利用することができます。まさにマルチな機能を持つカードといえます。