今、キャッシングで借りたお金の返済を延滞しています。すぐに返そうと思っているのですが、返済にあてるお金がなくて、もう少し返済するにはかかりそうです。何度かキャッシング業者からも電話がかかってきているのですが、無視してしまっています。

キャッシングを連絡なしで延滞しているとどうなるのでしょうか?

毎日の催促電話からはじまり最悪裁判沙汰になることも!

連絡なしで延滞している状況はよくありません。まず、連絡なしに延滞を行うと現在のように連絡が取れると記載した電話番号に連絡がきます。本来ならこの時点で連絡を取り、いつ返済できるかを伝えなければいけません。しかし、これを無視してしまうと何度も電話連絡ののち、自宅のほうに電話がかかってくることになります。連絡が取れるはずの電話番号で連絡が取れないので仕方ありません。場合によっては職場にも電話がかかってきます。

それでも連絡が取れない場合は、催促状が届きます。最初は催促するだけの内容だとしても、だんだん催促状には訴えるぞという内容に変わってきます。そして、最悪、裁判所に出廷を要求されることになってしまいます。

これでわかるのは延滞したことはまず反省するべき点ではありますが、連絡を無視する・延滞の連絡をしないということに問題があります。最初の電話の時点で対応していれば何ともなかったものが、一度無視をしてしまうと怖くなって電話に取れない状況に陥ってしまいます。そのために、取り立てがどんどん過剰になってきてしまうのです。

キャッシング業者はこうした延滞している人からお金を回収するために、回収業者を雇っています。そのため、ひどい場合では取り立てが暴力的になる可能性もあるわけです。そうなってしまうと周囲にバレるのも時間の問題ですよね。延滞している時点で生活に支障はきたしていますが、さらに生活しづらい状況に陥ってしまう可能性があるのです。

借りたお金は返すのが当たり前です。返せないなら借りるべきではありません。しかし、予定外の出費や予想外の出来事によって返済が遅れてしまうということもないとは言い切れません。そのことは、キャッシング業者もよくわかっています。そうなった場合は早いうちに業者に連絡を入れることが大切です。その際にはいつなら払えると払う意思があることを示す必要があります。初期段階でそうした対応を行っておけば、業者側も融通を効かせてくれます。
(⇒ちゃんとした業者でないと無理矢理取り立てにくるので注意

また、業者によってはホームページから返済日の変更や延滞の申し出などができるところもあります。電話で話す勇気がないなら、そうしたサービスを利用するのも一つの手です。

【参考ページ】
返済に遅れると最終的にはどうなるの?

キャッシングの審査で会社への連絡なしにはできる?

最近は若い人から年配の人まで、キャッシングやカードローンが大変人気です。テレビCMで有名な俳優を起用したりなど、金融機関もキャッシングをより身近なものにしようと努力しています。それが功を奏して、サラリーマンはもちろん、アルバイト学生から専業主婦に至るまで、幅広い層でキャッシング、カードローンの契約が進んでいます。

さて、これらは、名前はオシャレなのですが、借金であることに間違いはありません。借金をする際には、必ず審査が必要になります。金融機関の立場になってみれば、それは当然でしょう。お金を返してくれるかどうか怪しい人に、大事なお金を貸すわけにはいきません。

さて、この審査には2段階あると言われます。仮審査と本審査です。この本審査の時に、金融機関から勤務先に電話があります。在籍確認と言われるものです。

在籍確認とは、本人が仮審査の時に申告した職場に、本当に本人が勤めているかを確認する作業です。電話をして、本人が出ればそれで終了です。また、別の社員が出ても、あなたが今不在である胸などを伝えれば、それで終了です。今不在ということは、普段はいると推認できるからです。

ところでこの在籍確認の連絡を、かたくなに拒む人がいます。何かの理由があるのでしょう。金融機関は、その社名を名乗って連絡してくることはありません。通常は個人名で電話をしてきます。それを分かっていながらも連絡を拒むには、それなりの理由があるのでしょう。

そうした人は、電話をしないでほしいという旨を、申し込みの際に申告しましょう。そうすることで、会社への連絡なしでも、別の方法で在籍を確認してくれる場合があります。たとえば、会社の給与明細や、会社の健康保険証の提示などです。

ただし、そこまでかたくなに拒むということは、たとえ返済能力は十分にあったとしても、貸す側にとってみれば、気持ちの良いものではありません。何かを疑われる可能性もあります。よって、できることならば在籍確認の連絡は快諾しましょう。