まとまったお金が必要なため、キャッシングを利用したいです。しかし、以前にキャッシングで返済が遅れたことがあり、ブラックになっています。また、両親や親戚など頼れる人がいないので、保証人になるような人が周りにはいません。

そこで、担保なし保証人なしブラックOKなキャッシングはありませんか?
(⇒担保は基本的にどんな金融業者でも無し?

ないことはないが信用できないキャッシングを利用するのは危険

基本的に小口の融資が行われるキャッシングは、担保・保証人なしのところが多いです。銀行キャッシングも大手の消費者金融でも担保・保証人なしと書かれていますので、そこは大丈夫でしょう。担保や保証人が必要になるのは、多額で長期の融資を行う住宅ローンや未成年に融資を行う場合です。ご質問者様は以前にキャッシングを利用していたということなので、20歳以上ということでしょう。ならば、いらないので関係ありませんね。

さて、問題はブラックOKなキャッシングという部分です。過去に延滞の履歴があると、キャッシング審査には通ることが難しくなります。なぜならブラックということは、返済をしてくれない過去があるから信頼できないと考えるからです。それはご質問者様もわかっているのでしょう。だから、ブラックOKなところはないかという質問なのだと思います。

世の中にはたくさんのキャッシング業者がありますので、中にはブラックOKなところもないとは言いません。実際に口コミ情報でブラックでも借りれたという人も見かけます。しかし、大手と呼ばれていたり、知名度の高い、安心できる業者では借りられるという話は聞きません。ブラックOKのところはたいてい知名度の低い名前の聞いたことのないようなマイナーな業者になります。

マイナーな業者が全て悪いとは言いませんが、本来借りられないはずのブラックが借りられるという状況は少しばかり疑問に感じないでしょうか。業者は私たちの顔も人柄も知りません。判断材料としては書類だけです。その書類に傷がついているのに、返済することを信じて貸してくれる。そんなことあり得るのでしょうか。困っているから借りられることは嬉しいかもしれませんが、裏があると思って間違いありません。

ブラックOKと謳っている業者の中には悪徳業者も混ざっているのでくれぐれも注意が必要なのです。疑うことなく飛びついてしまうと後々お金がないよりも大変なトラブルに巻き込まれることもあります。

担保なし、保証人なしのキャッシングがブラックだと難しい理由

キャッシングには、なぜ審査があるのでしょうか。それは、キャッシングが基本的に担保なし、保証人なしだからです。普通担保物件や保証人があれば、申込者本人が返済できなくなった時に、担保物件を回収したり、保証人に代わって返済させるということができます。しかし担保なしで保証人なしということは、融資をするに当たって、その人の返済能力が非常に大きな決め手となるわけですから、能力を見極めるための審査はどうしても必要になります。

審査は主に、収入と事故情報を見られます。消費者金融の場合はこの2点ですが、銀行はそれ以外にも、自宅が本人名義かどうかをチェックされることもあります。事故情報とは、たとえば他のローンの返済などで延滞を繰り返した場合、その人の信用情報に記載される事故情報のことで、ブラック情報ともいわれます。これが記載されると、返済に難があるとみなされるため、お金の借入やローンの申込がかなり難しくなります。でも、そのような時でもお金を借りた場合には、一体どうしたらいいのでしょうか。

そういう時は、中小の消費者金融ですと、比較的審査が甘いため、ブラックでもお金を借りることができます。ただし、金額は、通常の借入よりも少額になります。また、大手の業者でも、ブラックで借入ができる所もあります。もちろんその場合も、最初の融資は5万円ほどで、取引をきちんと行っていると、次第に借入可能額を広げてくれるようになります。

ブラックがある人が気を付けておきたいのは闇金です。この闇金は、表向きは消費者金融の形を取っていて、ブラックでもすぐ借入ができるといった宣伝文句の所が多いのですが、非合法であり、そのため金利が異常に高いかあるいは異常に低かったり、連絡先が携帯のみなどどこか不自然です。他にも、貸金業の登録番号が事務所にないということもあります。闇金については、ネット上にも情報が色々ありますので、申込を行う前に、チェックしておくのがお勧めです。