僕はいつも仕事が長続きしません。なので、最近では短期の仕事、日雇いの仕事をするようになりました。しかし、日雇いの仕事だとその日の生活で精いっぱいです。今度、知人の結婚式があるんですが、どうしても出席しないといけません。でも、ご祝儀を出すことができないのです。ちょうどいいタイミングでの日雇いも見つからなくて。

なので、キャッシングで先にお金を用意してから働こうと思いました。日雇いの仕事だとキャッシングの審査には通りませんか?

日雇いの仕事は月々の収入が安定しない!

日雇いの仕事でキャッシングの審査に通ることは非常に難しいと考えられます。日雇いの仕事が悪いわけでは決してないのですが、どうしてもキャッシング業者から見ると「安定していない」と判断されてしまうのです。月々の収入もおそらくその月によって変動があるのではないでしょうか。そういう状態であると利用条件である「安定した収入」に当てはまらず、審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

ただし、日雇いと言っても、派遣のように短期期間でも期間で働いおり、月々の収入が安定している状況であれば、話は変わります。今だと派遣社員でも十分にキャッシング審査には通るようになっていますので、働いている期間があればあるだけ、審査に通る可能性が出てくると考えられるでしょう。

ご質問者様の場合、完全に一日だけの短期の仕事をやられているように推測します。これってどこか登録会社に登録して仕事をされているのでしょうか。それならば、派遣と同様な形で申込みを行えば、もしかするとキャッシング利用ができるかもしれません。

登録会社に登録しているわけではない場合は、どうしても難しいですね。キャッシング業者としては返済されないと困るので、日雇いの仕事がないから今月は返済できませんという状況ではすまないのです。

働き方は人それぞれあると思います。ご質問者様は日雇いの仕事が性に合うということですので、それはそれでかまわないと思います。しかし、今回のように急な出費への対応ができない状況だと今後も同様のことで悩むことがあるように思われます。日雇いでも仕事は仕事。しっかり働いているのですから、その度に悩むのは辛いように感じます。短期の派遣会社への登録などを視野にいれ、働き方を再度考えてみてはいかがでしょうか。(参考ページはこちら→融資に有利な働き方とは

日雇い労働者はキャッシングの審査で落とされるか?

世の中には、お金に全く不自由していない人もいれば、その日暮らしのカツカツの人もいます。しかし、おくらお金を持っていても、急な出費に困ることはあります。銀行の定期預金が中心で、急におろすわけにはいかない財産を持つ人などです。こうした人は株式や債券も多く持っているので、なかなか急なお金を引き出すことができないことがあります。また一方で、財産はそれほど所有していなくても、銀行預金はすぐにおろせる状態の人もいます。急な出費にはさほど困らない人たちですね。

このように、人はお金を持っているかどうかに関わらず、急な出費には困る人がいるのです。そのような時こそ、キャッシングを契約しておけばとても便利なのです。

キャッシングを契約するには、審査が必要となります。これは二段階に分かれ、仮審査と本審査が行われます。前者は、本人の属性を調べるものです。職業や勤務先、住居の形態、他社からの借入額などを、自己申告情報に基づいて審査されます。

後者は、本人に近い過去で大きな金融事故がないかなど、信用情報機関に問い合わせることで調べます。また、会社への在籍確認お電話が入るのも、この段階です。

ところで、属性についてですが、安定した勤務先を持たずに日雇いで働いている人は、仮審査で落とされるのでしょうか。

それは、金融機関がどのように判断するかで決まります。基本的には、銀行系のキャッシングであれば、本人の収入とは無関係に契約ができるので、日雇いでも特に問題はありません。しかし、返済能力があると認められる程度の収入は必要です。また消費者金融のキャッシングについては、本人の年収の3分の1までならば大丈夫という法律があるので、日雇いでも、それが安定的な収入源になっていれば問題はありません。

あとは、過去に自己破産や債務整理などがないかどうかが重要なポイントとなってくるでしょう。特に過去に問題がない場合は、特に消費者金融での契約は可能でしょう。まずは窓口に相談しに行きましょう。