私は半年前に利用していたキャッシングで延滞をしてしまいました。いわゆる、ブラックです。そのことについては深く反省しているのですが、生活を考えるとキャッシングが利用できないというのは厳しくて、またキャッシングの契約をしたいと思っています。(参考ページはこちら→何故融資審査に通るのが難しくなるの?

ブラックだから審査に通りづらいというのはわかっているのですが、できれば安心できる銀行のキャッシングを利用したいのです。銀行キャッシングはブラックでも利用できるのでしょうか?

ブラックでは銀行から信頼が得られません!

ブラックは書かれている通り、借金の返済を行えなかったり、クレジットカードの支払いが遅れたりなど、金銭面のトラブルが発生したことにより、個人信用情報に傷がついた状態のことを言います。キャッシングの審査では、この個人信用情報がとても重要になってきます。

一言で言ってしまうと、個人信用情報に傷があるとキャッシングの審査に落ちる可能性がとても高いということです。審査では、申込み者が返済をしてくれる信頼できる人物であるかが判断されます。そこで利用する個人信用情報に傷があるということは、返済能力が低いと判断されてしまうのです。一般的にブラックであるとキャッシングの審査に通るのは難しいと言われるのはこのためです。

ご質問者様は銀行のキャッシングを利用したいということですが、無理だと考えたほうがいいでしょう。ただでさえ、上記のように消費者金融でもブラックということで審査には厳しいのに、消費者金融よりも審査の厳しい銀行だとほぼ無理だと思われます。

キャッシングの審査は銀行・信販・消費者金融の順で厳しくなっています。つまり、銀行はキャッシングで一番審査が厳しいわけです。キャッシングを利用するには、信頼されることが一番必要なわけですから、銀行に信頼されるのはそれだけ大変なことだということがわかりますね。
(⇒金融業者で異なる審査の対応

ご質問者様が安心面で銀行を利用したいという気持ちはよくわかりますが、現在の状況では銀行で借り入れを行うことは難しいです。また、消費者金融でも可能性は低いと考えられます。

しかしながら、ブラックだから悲観することはありません。ブラックは時間が経てば消えます。その期間は延滞なのか、債務整理なのかによって異なりますが、短くて1年、長くて5年です。ご質問者様がブラックになった理由がわからないのではっきりしたことはいえませんが、その間に問題を起こさなければ、ブラックではなくなります。今は半世紀間と思い、ブラックの履歴が消えてから再度申込みをすることが一番望ましいです。

専業主婦でも銀行のキャッシングなら契約できる

専業主婦は、家計簿のプロです。普段の支出の計画はもちろんですが、急な出費にも備えた計算を日ごろから行っているものです。たとえば、夏に急にエアコンが故障してしまったら、修理しないわけにはいきません。そのような修理代などもきちんと考慮して、家計簿を付けているのです。

しかし、優秀な専業主婦とはいっても、急な出費が連続できてしまうと、対応できなくなることもあります。エアコンの修理をした翌週に、水回りの故障が発覚したとか、水回りの修理の後に、田舎の親戚の訃報が入ったとか。そのように急な出費が連続で来ないとも限りません。でも、そうなってしまってからでは遅いのです。緊急時の保険のような意味で、専業主婦はキャッシングの契約をしておいたほうが良いでしょう。

しかし、基本的に専業主婦は無収入です。無収入の人が、キャッシングなど契約できるのでしょうか。キャッシングとは、借金のことです。収入なくして借金などできるのでしょうか。

実は、銀行ならば専業主婦はキャッシングを契約することができます。銀行は、本人の年収に関係なく、金融機関の判断でお金を貸すことができるのです。消費者金融であれば、総量規制という法律があるため、原則として無収入の人にはお金を貸すことができません。

よって専業主婦のねらい目は、銀行です。大手都市銀から地銀まで、ほとんどの銀行でキャッシングが商品化されています。都市銀ならば安心ですが、借りやすさの点で言えば、普段取引をしている銀行が良いでしょう。普段から給与振込口座になっていたり、公共料金の引き落とし口座になっていたりすると、それだけ信用力が高く評価されます。よって、今まで取引のないところに申し込みをするよりも、多少有利になる可能性があります。

いざという時の備えとして、専業主婦でも契約しておいたほうが無難です。使わなければ、金利が付くこともありません。ご主人に急に言っても、ご主人が現金を持っていなければ、それでアウトです。