キャッシングカードが限度額まで使っているのだが、足りません。なので限度額を増やしたいと考えています。しかし、言いにくいことではあるが、今、無職です。しかし、来月から働く所は決まっています。すでにキャッシングは契約しているものですから、一度は審査に通っています。

キャッシングカードの限度額を増額する審査は無職だとまずいのか?

無職だと増額とはいえ審査には通らないと考えられる!

キャッシングを利用していると利用限度額だと足らないことがありますよね。そうしたときに利用限度額を増額できたらいいのに、と思うのは自然なことです。現に、利用限度額は増額できるのでキャッシング業者としても増額することには肯定的です。

では、利用限度額を増額するときにはどういう手続が行われるのでしょう。利用限度額増額の申請を行うと再度審査が行われます。限度額の審査ではこれまでの利用状況や返済状況、利用期間などが基準になるといわれています。

利用状況とは、契約してからこまめに利用しているかということ。キャッシング側の気持ちを考えれば当然ですが、全然利用してない人が限度額を増やせと言ってきても増やそうとは思いませんよね。やっぱり使ってくれる人の限度額を増やしたいものです。利用期間についても同様です。短い利用期間の中で契約時の信頼度が上回ることはありません。返済状況は言わずもがなですね。返済をしてくれない人に増額しても仕方ありません。返済を順調にしている人を増額の対象にしています。

とこのような基準を設けて限度額の審査を行っているわけですが、前提条件は契約時の審査と変わりありません。安定した収入があって、返済が行える信頼できる人です。

ご質問者様の場合、就職先が決まっているとはいえ、現状、収入がないわけです。これでは、返済能力があるとはみなされず、審査には引っかかってしまいます。審査には通らないと考えたほうがいいでしょう。しかも、下手すると通常のキャッシング利用にも影響が出る可能性も考えられます。これは非常にまずいですね。
(⇒たくさんお金を借りるなら仕事はとても大事です

限度額を増やしたいのはわかりますが、転職先も決まっていることなので、転職して落ち着いてから申請をするほうがいいでしょう。転職直後だと不安定なため、審査には通らない可能性もあります。キャッシングが利用できる状況ではあるので、今の限度額でなんとかやり繰りを行うほうが賢明です。

キャッシングカード限度額を増額するために審査は無職は

キャッシングカード限度額は、キャッシング会社の更正な審査により決まります。

仕事をしている場合に借りられる額というのは、その給料によって違ってきます。給料が高ければそれだけお金を貸しても返ってくるという信用があるために、お金を多く貸すことができるのです。

増額したいという場合には、さらにまた審査が必要になります。審査の中では、お金を返した経歴などがとても重視されます。お金を借りたことがなかったという場合には、少しお金を貸すことに対して躊躇されてしまう場合があり、断られてしまう可能性もあります。

もしも、増額したいというときに無職だった場合には、キャッシング自体ができなくなってしまう可能性があります。働いていて、キャッシングでお金を借りていたけど、失業して無職になってしまったという場合には、キャッシング枠が使えなくなって、ショッピング枠だけ使えるという方法にする場合があります。

しかし、自己申告をしなければわざわざ調べるということはあまりしないので、以前仕事をしていたという人は何も言わなければそのままキャッシングを利用することができます。

しかし、元から無職だった場合は、キャッシングカード自体作ることができない可能性が高くなります。お金を稼ぐことを証明することができないとなるとお金を貸して、返ってくるという保障がまったくないために、お金を貸してもらえないということがあります。

キャッシングを利用して、お金を借りる際には借りすぎにしっかりと気をつけるということが注意点です。あまりお金を借りすぎてしまうと、月々の返済で圧迫されてしまう可能性があるのと、借りすぎて返済できなくなってしまった場合には最悪は自己破産という方法をとらなければいけなくなってしまう可能性があります。

キャッシングカード限度額を上げるためにはしっかりとお金に関する行動を考える必要があります。信用さえあれば、増額がしやすくなるので計画的に使うことがとても大切です。