キャッシングの利用を考えています。利用目的は個人的な物の購入です。うちの家族はお金を借りてまでそんな大きな物を買うなんてどうか、と考える人たちなので、キャッシングを利用するなんてとてもじゃないけど言えません。もちろん、僕だってお金を借りるべきかどうかは考えましたが、今回はお金を借りてでも購入したいものなので、腹を括りました。

とにかく、そういう状況なので家族には内緒でキャッシングがしたいです。家族に知られずにキャッシングするならどこに気をつけるといいですか?

自宅への郵送物と電話に気をつけろ!

家族に内緒でキャッシングするために気をつけることは2つあります。

まず、郵送物でバレないようにすることです。郵送物が送られてくるのは、最初の契約時における契約書・キャッシングカードの送付になります。このときに自身で受け取れればいいですが、家族が受け取ってしまえばアウトですよね。なので、この契約時の書類送付を気をつけないといけないのです。

しかし、そうした書類送付を拒むことはできないんじゃないか、と思うかもしれません。安心してください。キャッシング業者の中には契約書類の送付を行わないキャッシング業者もあります。例えば、ネットで全てが行えるところや業者のATMにて契約を行うところ。そういうところであれば、契約書類のやり取りもキャッシングカードの受け取りも郵送を使うことはありませんので自宅に送られてくることがないのです。また、請求書や明細書が毎月送られてくるのではないかとドキドキするかもしれません。一昔前までは送られてきていましたが、現在ではATMで必要なものを記載することができるようになったので、よっぽど送られてくることはありません。
(⇒すべてネットから使える企業もあるのか?

次に、2つ目は電話でバレないようにすることです。キャッシング業者から電話がかかってくるのは、申込み時の確認がまず最初になります。契約を行ってからは、何か問題が起こらなければ電話が来ることはありません。また、申込時に連絡が取れる電話番号を自分の携帯電話番号にしておくことで、まずは携帯電話に連絡が来るようになるので、自宅へ電話が来ることはよっぽどありません。
(⇒融資審査では電話連絡は欠かせない?

しかし、携帯電話を連絡先にしていたとしても自宅に電話がかかってくることがあります。それが返済を延滞した場合です。返済が行われなかったら催促の電話がかかってきます。このときに延滞しているという後ろめたさから電話に出なかったとしましょう。すると、キャッシング業者としては利用者と連絡が取れないことが一番困ってしまいます。そのため、連絡先として書かれている自宅の電話に電話をかけるしかなくなるのです。こうなるとキャッシングはバレるし、延滞していることまでバレてしまいますね。最悪なパターンです。また、延滞すると催促状が郵送されることもあります。そうなるとバレるバレないの問題ではなくなってきます。

このように郵送物と電話に気をつけることで家族にバレる可能性は減ります。借りたら返すという当たり前のことをしっかり行えば、よっぽどバレることはありません。あとは不審に思われる金額を言ってしまったり、大きな買い物ばかりしてしまったり、など自身の行動に気をつければいいだけです。

キャッシング業者としては、利用者が家族や周囲にバレたくないと考えているこを知っています。そのため、申込みの時点でバレたくない旨を伝えたり、郵送物や電話が自宅にないかどうかを確認しても丁寧に答えてくれます。不安がある場合は、最初にキャッシング業者に確認するのもいいですね。

家族に知られずにキャッシングすることはできるか?

独身ならば、何も気にせずにキャッシングの契約ができます。一人暮らしの自宅に怪しい郵送物が届こうが、目にするのは自分だけですから問題はありません。しかし、家族のいるところに消費者金融からの郵送物が来たりすると困りますよね。独身だったとしても家族と同居している場合や、結婚して奥様と同居している場合などです。家族内のトラブルに発展する可能性もあります。

家族に知られずにキャッシングを契約し、家族に知られずにお金を借り、そして家族に知られずに返済してしまう、というのはできるのでしょうか。結論から言うと、可能です。実に簡単な話です。(参考ページはこちら→完全にプライベートな融資を受けるには

そもそも、どの時点で家族に知られる可能性があるかを考えてみましょう。まず、契約時点です。契約する段階で、自宅に電話が入ることはありません。しかし、キャッシングのカードが自宅に郵送されます。ここで知られてしまう可能性があります。

次に、返済中です。お金を借りることはばれないでしょうが、返済が滞ってしまうと、場合によっては金融機関から自宅へ電話が入ります。

以上、カードの郵送時と、借金の滞納時。これをうまくやれば、家族には知られずに、契約、借入れ、完済というながれを完遂することができます。カードが自宅に郵送されないようにするには、店頭でカードを受け取ればよいのです。つまり、店頭で申し込みをするのです。そうすると、申し込みのその場で仮審査も本審査も済み、勤務先への在籍確認も済み、早ければ1時間待たずにカードを手にすることができます。これにより自宅への郵送をつぶすことができました。

次に、滞納です。これは、滞納しないようにするしかない、としか言えません。ただし、一日でも滞納をするとすぐに自宅に電話が来るかというと、そうではありません。最初に本人にメールで通知が入ります。返済されてませんよ、という感じの簡素なメールです。すぐに返済すれば、何の問題もありません。しかしそれでも返済がされないと、今度は本人の携帯に電話が入ります。しかし、これにも出なかったり、留守電への折り返しがしばらくなかったりすると、いよいよ自宅へ電話が来ます。よって、携帯に電話が入った時点ですぐにお金を入れれば、ぎりぎりセーフ、ということになります。

あとでトラブルにならないよう、借りたものは、きちんと計画的に返済しましょう。