ャッシングの利用方法の条件として無職はダメだと聞きました。これはなぜなのでしょうか。勝手な考えとしては、無職で就職活動していてもすぐに決まることってないときもあるじゃないですか。働きたいのにすぐに働けなくて、生活に困るってときにキャッシングができるとすごく助かると思うのです。それに働く意思はあるのだから、返済も後々できるようになると思うし。働く意思があって就職活動しているならば、無職でも利用できたらいいのにって思います。

キャッシングの方法論として無職はアウトなのはどうしてなんだろう?

収入がないということは返済ができないということ!

キャッシングの利用条件はキャッシング会社によって異なります。しかしながら、いくつか共通している条件があります。そのひとつとして「安定した収入があること」という条件があるのです。簡単に言ってしまえば、無職が利用できないのは、この条件に満たないからです。つまり、どうしてこの条件があるのかを考えれば、無職が利用できない理由がわかります。

まず、キャッシングとは利用者がキャッシング業者からお金を借りることを言います。借りたお金は利息と呼ばれる金利をもとに算出された手数料を元金に加えたお金をキャッシング業者に月々分割して返済をおこなっていくわけです。返済するのに何が必要かと言えば、当たり前ですが、「お金」です。

そもそも利用者の方はお金が手元にないために、キャッシング業者から借りるわけですが、借りるときには必ず返済するあてがあって借ります。返済するあてがないのに借りるというのは無謀ですし、キャッシング業者としてもいつ返ってくるかわからない人に貸すというのはリスクが高すぎます。キャッシング業者は知人ではなく、仕事としてお金を貸すわけですから、返済ができるようになるまで待つから、なんて優しいことは言ってくれないわけです。そのため、利用者は返済ができないのに借りるということはできないわけです。

そうなると、返済のあてがあるというのはどういうことでしょうか。それが「安定した収入があること」です。安定した収入があるということは、毎月決まった日にお金が手元に入るということです。利用者はこの月々の収入を借金の返済にあてていくことになります。また、この収入をもとにして、返済できる金額はどれだけか、を考えていくことになります。キャッシング業者としても、毎月収入があることが確認取れていれば、多少なりとも月々の返済が行えると判断することができますね。なので、「安定した収入があること」というのは大切な条件になってくるのです。

働く意思があることはわかりますし、収入がないからこそキャッシングがしたいという気持ちもわかります。しかし、現段階で働いていないということは、いつ働くかわからないということです。それまで返済を待つということはキャッシング業者としてはできません。借りた人、全員が返済待ちなんて状態になったらキャッシング業者は潰れてしまいます。それに、返済できない借金が増えれば増えるだけ利息がかさみ、借金が増えていきます。いざ就職したとしてもその収入で返済できる額はとうに越している可能性も出てきます。

このようにキャッシング業者からみても利用者側からみても、収入がない無職の状態でのキャッシングの利用はリスクしかないのです。そのため、無職の人はキャッシングを利用するのはアウトなのです。

仕事をしていない無職がキャッシングするための方法論

キャッシングを利用するには返済できる収入があることが前提だと言えます。そのために各社では審査が行われているわけであり、返済能力が低い人は合格できません。しかし、無職でもキャッシングできる方法論があります。

まず最初に無職がキャッシングできない理由は2つあることを知っておくと良いです。1つは収入が全くないケース、2つ目は収入証明を出せないケースです。両者は似たような内容ですが、申込時における意味合いが多少違います。収入が全くないケースは確定申告書を収入証明として提出しても返済能力が低いと判断されます。また2つ目の収入証明を出せないケースでは確定申告を行っていない人など、そもそも申込すらできません。(参考ページはこちら→融資審査で大事な事

上記のように無職がキャッシングできない理由を知っておきますと対処方法を見つけることが出来ます。上記のような状況でもお金を借りる方法論があるので心配ありません。

金融会社には本当に様々な会社があります。大きく分けると銀行と消費者金融に分かれます。銀行は総量規制がありませんが、消費者金融は貸金業者であり総量規制があります。総量規制は融資を制限するための法律であり、年収の3分の1以上を貸せない、借りれないという内容です。すなわち収入がなければお金を借りれないことになります。この総量規制が適用される消費者金融ではいくらの金額を借りる場合でも必ず収入証明が必要なので、基本的に無職の人が申し込むなら確定申告書が必須となります。こうして申し込んだ後は上記と同様であり、返済能力がみとめられないために不合格となることが大半です。

銀行では少額の融資の場合は収入証明が要りません。その理由は総量規制が適用されないために申込者の年収をチェックしなくても良いからです。そうなると、審査をする目的は自社がしっかりと利益をあげるためとなります。どの銀行でも一定額の限度額以下なら収入証明不要なので、これを活用すれば無職でもキャッシング攻略できます。