以前、働いていた会社では給料が良かったので、クレジットカードも含めて4枚ほどカードを作りました。仕事が変わって収入も減ったけど別にカードまで減らさなくてもいいや、と思って今まで使ってきたんです。でも実際、友達との付き合いなどもあるし他の借金の返済もあるから、お金が足りなくなってしまって、4枚目のカードでもキャッシングしてしまったんです。かなり厳しいんですが、これってもう多重債務になってしまうんですかね。大変ですけど、まだなんとか返せる余力はあると思うんですけど、いい方法はありますか?

多重債務になる前にまとめて返済してみては

返済のために別のカードを使ってキャッシングをして支払いを済ますというのは多重債務になりますね。あなたはまだ返せるとおっしゃっているので、どうやらまだ滞納はしていないようですね。しかしこのまま同じ事を続けると間違いなく多重債務になってしまうどころか、返済が滞ってせっかくキャッシングができる信用も失ってしまうかもしれません。早めに手を打った方が良いのではないでしょうか。

銀行系でも消費者金融でも、まとめてローンという、その名の通りいくつもある借入先を一括で支払ってしまって、その後の支払いを一か所にしてしまうという方法があるんです。この支払い方法の利点は、請求書も一か所だけになりますから、残高などの借入内容が把握できる事と、金利が低くなる可能性があるという点です。自分が払う金額がわかりやすいのは目標がはっきりしますし助かります。それと支払いをまとめた方が金利が低くなるなら、最終的に払う合計金額も安くなるわけですね。いずれもまとめてローンを申し込む時にしっかりと説明を聞く必要がありますが、あなたの状況は危うそうです、一度窓口に行って相談してみてはいかがでしょうか。(参考ページはこちら→融資の利用は相談してから

【参考ページ】
複数からの借り入れ利用に注意

多重キャッシングのメリットとデメリット

急に飲み会に誘われた、欲しい物ができた、冠婚葬祭でお金が必要になった等、様々な理由で突然現金が必要になった時に頼れる存在が、キャッシングです。銀行や消費者金融で審査を受け、審査に通れば、いつでも手軽にお金を借りる事ができるようになります。

利用は限度額の範囲内となります。限度額は、消費者金融の場合、総量規制の対象になる為、最大で年収の1/3まで、総量規制の対象にならない銀行の場合、銀行が設定した上限までであれば年収の1/3を超えての借入も可能となります。(参考ページはこちら→総量規制について詳しく

ただ、審査の申し込みをして、すぐにその限度額まで利用できるかといえばそうではなく、最初は50万円以下、審査を受ける人の年収や雇用形態などの条件によっては10万円程度から始まる事も珍しくありません。そしてその後、借入と返済をし、業者との信頼関係が築けたら、そこから増額の審査を受け、通れば限度額を増やして貰える事になり、それを何度も繰り返すうちに、年収の1/3等の最大限度額までの借入が可能となります。
(⇒融資審査で見られる要点

ただ、増額の審査は厳しく、続けて落ちると減額や一時借入停止のデメリットが発生します。ですから借入額を増やしたいと考えた場合、他の業者の審査を受けるという人は少なくありません。多重債務に苦しむ人が多いのは、こうした事情もある為です。

消費者金融の場合、複数の業者から借入をした場合、総額で年収の1/3までという規制がかかり、その最大限度額自体は変わりませんが、一つの業者で増枠を繰り返すよりも手軽に限度額を増やせるというメリットがあります。ただ、キャッシングというのは借入金額が大きくなれば利息は低く、借入金額が少なければ利息が高くなります。

複数の業者から少額ずつ借入すると、それだけ利息は高くなる事になります。本当に必要であれば、複数の業者からの借入も仕方ないでしょう。ですが、最初の限度額の範囲内でやりくりできるのであれば、無理な増額はお勧めできません。