今回申し込む予定のカードは3枚目になります。過去2枚目まで会社に本人確認の連絡が来たんですが、その時に上司が傍にいまして、カードを何枚も作るのを良く思ってないようで、ちょっと言われたんです。大きなお世話だけどね。という感じで。心配してくれているわけですから、ありがたいのですが、プライベートな問題ですし、別に滞納しているわけではないので正直困ってしまいます。ですから今回は会社に連絡しないでキャッシングを利用できるようにして欲しいんです。できるでしょうか?

消費者金融だったら会社に連絡なしで作れる所もある

銀行系のカードローンやキャッシングの申し込みは本人確認の為にあなたの会社や職場に連絡を入れるのが条件なので無理ですが、一部の消費者金融でしたら在籍確認なしで申し込みができます。ただこの場合、あなたが働いている会社である事が確認できる社員証や健康保険証、収入証明書が必要になる事もあります。この場合は手続きの項目が多くなるでしょうが、会社に連絡しないでキャッシングが可能です。(参考ページはこちら→融資審査は応相談?

どうしても本人確認をしなければならない時でも、消費者金融でもお客様が会社にばれたくないという気持ちを察してますから、勤務先にばれないように最大限の配慮をしてくれます。たとえば、あなたの友人や知人を装って電話をかけたり、きちんと名前を名乗ってくれたり、男性女性どちらがいいか選べたりします。その辺りの相談や打ち合わせもできる事がありますから、ぜひ訊いてみてください。
(⇒金融業者に聞いておきたい事と言えば?

「会社に連絡しないでキャッシング」って、なんですか?

会社員とはいっても、十分な給与生活を送っているわけではありません。プライベートなどでも出費が多いので、月末の給料日前になると、カツカツの生活になる人もいます。だからこそ、会社員がキャッシングを利用する例が増えているのです。

キャッシングと言えば、何か聞こえは良いのですが、結局は借金です。しかし、最近の借金は、かつてのサラ金のイメージは全くなくなり、コンビニのATMを通じてお金を借りて、コンビニのATMを通じてお金を返す、といった手軽なものとなりました。(参考ページはこちら→融資ではコンビにATMが大活躍?

でも借金です。借金するときには、本人の信用審査を避けては通れません。信用審査の中には、会社への在籍確認というものがあります。これは、本人が申告した勤務先に、本当に本人がいるかどうかを金融機関が確認するものです。嘘を申告する人は、ほぼいないでしょうから、この在籍確認を理由に審査に落とされたという人もほぼいないでしょう。

しかし、中には会社に連絡してほしくないという人がいます。いや、中にはではなく、相当多くの人がこれを嫌がります。気持ちはよく分かります。会社に借金のことがバレたら嫌ですからね。

でも、通常の在籍確認は、金融機関の名称を名乗るのではなく、個人名を名乗って電話をしてきます。しかも、借金というにおいを全くさせない感じで電話をしてきます。そして、申し込み者が存在していることが確認できれば、それで終わりなのです。実に簡単なものなのです。それを知っていても、会社への連絡をかたくなに拒む人がいます。これを、「会社に連絡しないでキャッシング」と名付けましょう。

そういう人は、まず申し込みの際に、会社に電話しないでほしい旨を伝えましょう。そうすれば、気の利いた金融機関では、別の方法であなたの在籍を確認してくれます。給与明細のコピーの提出や、会社名の入った健康保険証の提示などです。

しかし、在籍確認を拒むというのは、金融機関に決して良い印象を残しません。明確な理由がない場合は、諦めて電話を受けておいたほうが無難です。