今、私は無職です。無職と言っても仕事は探しています。前に働いていた会社を辞めて、しばらくはお金があったので、新しい自分を発見するために旅行に行ったりしてました。心のリフレッシュができたと思うんです。ですからやる気があるし、近いうちに仕事を見つけれると思います。

でも、ちょっとお金が足りなくなってきて生活費が必要になりました。実はクレジットカードを持っていてキャシング枠もあるんです。会社に勤めていた時に作ったカードです。無職になってからは使ってないのですが、はたして使っていいのでしょうか?とりあえず来月分の生活費が確保できたら何とかなる予定なんです。(参考ページはこちら→無職の気になる融資問題

返済トラブルがなければ使う事ができる

今、無職になってからは使っていないとの事ですから、返済のトラブルはないわけですね。基本的にキャッシングはできます。しかし以前働いていた会社に在職していた時に作ったカードですから、もし返済を滞納したりすると、前職場に連絡が行くでしょうし、たちまち使えなくなるのはもちろん、せっかく今までに得た信頼もなくなってしまうでしょう。できることなら使わないで、まず再就職をして変更届けを済ませたいものです。(参考ページはこちら→やはり仕事してないと融資は厳しい?

キャッシングができても返さなければなりませんから、今のところ無職で返すあてがないのに借入するのは問題です。できれば来月分の生活費だけは両親にでも借りるとかして凌ぐことをお勧めします。もし確実に就職が決まれば、最初の支払日と給料日を計画してキャッシングをしてください。

今無職の方がキャッシングを利用できるのか

消費者金融業者や銀行は法人ではなく個人に対して、利用目的に応じた融資を行っています。例えば住宅の購入資金が欲しいという方には住宅ローン、自動車を買うためのお金を一時的に借りたいという方には自動車ローンといった具合に個別のローンサービスを提供しているのです。

しかし纏まったお金を貸した相手が、利息を上乗せした状態での返済を行ってくれなければ、銀行や消費者金融業者の利益につながりません。そのような理由から金融業者が個人に対して融資を行う際には返済能力が本当にあるのかどうかの貸し出し審査が行われ、この審査に通って初めて融資が受けられるようになっています。

このようなルールがあることから、返済能力に乏しいとされる無職の方や専業主婦の方はお金を借りることができないのではないかといったイメージがローンサービスにはありますが、実は今無職の方であっても簡単に一定金額のお金を借りられるという便利な記入商品が存在しています。

それが消費者金融業者や銀行が発行しているカードを使ったキャッシングで、今無職だという方であっても自身の収入だけでなく貯金もあまりないといった専業主婦や学生さんであっても使いやすくなっています。(参考ページはこちら→どんな人でも借りやすいキャッシングとは?

では何故無職の方でもキャッシングでお金が借りられるのかというと、キャッシングの中には借り入れ金額に対して一定期間であれば無利息での融資を行っているといった貸し出し元があり、利子を上乗せして返す必要が無いことから最悪の場合でも借りたお金をそのままの形で返せばいいという安心感から、無職の方であっても纏まった融資が受けられるようになっているのです。

今無職の方がキャッシング利用のためのカードを発行してもらうためには、よく名の知れた大手銀行や大手消費者金融業者にカード発行申請を出すといいと言えるでしょう。そのような大手金融業者こそ無利子期間を設定しているローンサービスをよく提供しているため無職の方でも審査が通りやすいからです。