ごうぎん?と言うらしいんです。最初は何の事かわかりませんでした。地方から移り住んできた私たちには地元の習慣や企業を理解するまでに時間がかかります。でもお金にかかわる事はすぐに対処できないとかなり不便です。特にキャッシングはその地域の銀行が便利ですからね。山陰合同銀行のduоカードというのがあるのですが、どんな特徴があるのでしょうか。すでにカードは何枚か持っているので、わざわざ作る必要があるのかなと考え中なんですけど。

なんと言ってもセキュリティーの生体認証サービスです

クレジットカードをはじめキャッシングカードの不安はセキュリティーです。山陰合同銀行のduоカードの特徴は、暗証番号に加えて指の静脈パターンから本人を確認する生体認証サービスが上げられます。人の指紋と同じで血管のパターンは同じ人はいません。それを照合に利用した未来的セキュリティーなのです。これによりカードの安全性が非常に高くなりました。カードを盗難、紛失しても悪用される事が極めて低くなったのです。

基本はキャッシュ、クレジットカードですから利用すればポイントも貯まって山陰の特産物などと交換ができます。その他に会員登録、口座開設をして残高が10万円以上ある方は提携ATMの手数料キャシュバック特典があります。所定の条件をクリアしなければなりませんが、上手に利用すればとてもお得な特典です。もちろんduоカードローンの他に住宅や教育ローンも取り揃えています。地方銀行の特徴をしっかりと把握して計画的なキャッシングをしましょう。

山陽合同銀行キャッシングduoカードについて

自分は預貯金がそれなりにあるし、お金には困っていないからキャッカードローンとは無縁とお思いの方が多いようです。しかし、いつ急な出費が必要になるかもしれません。そんな時にお金を貸してくれる人がいればいいですが、なかなかそうもうまくいかないもの。そんな時に頼れるのがカードローンです。作るだけなら無料なので、いざという時に備えてとりあえず作っておくという人もいるほどです。

そんなカードローンを使ったキャッシングは、簡単に言うと借金です。借金というとイメージが悪いかもしれませんが、計画的に利用すれば非常に便利のよい金融商品なのです。そこで、そんなカードローンの中でも、山陽合同銀行キャッシングduoカードについてご紹介します。

キャッシングといっても大きく分けで2種類あります。いわゆる消費者金融系と銀行系です。山陽合同銀行キャッシングduoカードはもちろん後者にあたりますが、何が違うのかというと、借り入れられる額です。貸金業法には融資額は年収の3分の1を超えてはいけないとなっています。つまり、貸金業法によって営業している消費者金融や信販会社などでは年収の3分の1を超える借り入れができないのです。それに対して銀行は銀行法によって営業しているので年収の3分の1という縛りがありません。そのためより多くの融資を受けることが可能なのです。

山陽合同銀行キャッシングduoカードは借り入れ限度額30万から500万円、300万円以内なら所得確認書類不要、30万円型から100万円型なら全ての手続きがネットで可能、来店や書類記入の必要がなく非常に簡単となっています。

申し込み条件が20歳から70歳、金利は変動で6から12%、保証会社は株式会社ごうぎんクレジットです。パート、アルバイト、主婦の方でも限度額30万円までなら借り入れが可能です。借り入れはごうぎんATMはもちろん、他の銀行、ゆうちょ銀行、コンビニATMなどでも簡単にできますので、便利がいいです。
(⇒今は仕事内容に関わらず借りられる時代に?