私の持っているクレジットカードは、いざという時のためにキャッシングもできるように申し込んでおきました。でもメインはショッピングでしたから、キャッシングは時々利用するだけでした。でも最近は現金で払うと特典がいろいろとあるので、お買い物もキャッシングをして現金で支払っていたんです。いつのまにかかなりの金額を借りていました。年収の三分の一に当たる限度額ではありませんし、返せないわけではありませんが、このままキャッシングを続けるとショッピング枠はどうなるのでしょうか?これからもキャッシングはすると思いますが気になりますので教えてください。

キャッシングとショッピング枠には最大利用限度額がある

あなたの借入限度額がどのくらいになっているのかわかりませんが、借入をした金額が返せない金額ではなさそうなので安心です。そもそもクレジットカードを作った時にキャッシング枠とショッピング枠との間に最大利用限度額というのができているのです。つまりキャッシングをすると、その分ショッピング枠も自動的に少なくなるのですね。ですから今カードで高額な商品を買うとエラーが出て使えない可能性があります。

年収の三分の一という事をおっしゃっていますから、総量規制についてはご存知という事ですね。たとえば年収が300万円でしたら、その三分の一の100万円までしか借入ができないのです。実際はいきなり借入限度額が100万円にはならないでしょうから、限度額が50万円だとします。40万円までキャッシングをしたらショッピングはできないかもしれません。あと10万円はできるのでは?と考えがちですが、必ずしもそうではない事があります。(参考ページはこちら→融資で大事な借り入れ条件

これはカード会社にもよりますから、規約書などに明記されているはずです。もしわからなければ直接カード会社に問い合わせてみてください。いずれにせよ、最大利用限度額は見落としがちになりますから確実に知っておく方がいいと思います。キャッシングもショッピングもご利用は計画的にしましょう。
(⇒金融業者毎にルールがあるのを忘れずに

【参考ページ】
クレジットキャッシングの独特な使い勝手について

キャッシングが年収1/3に達した時最適なのはショッピング枠?

もしも日常生活の中でまとまった額のお金が必要になった時、それを全て自力で調達しようにもある程度の限界があります。不足した金額を埋め合わせるためには、たとえば親や友人などからお金を借りる方法もあるでしょう。しかしそんなことに慣れっこになってしまうと後々、親や友人との関係性にしこりを残してしまいかねません。そういった事態を回避するためにも、ここは消費者金融のキャッシングサービスを活用するとピンチを容易に切り抜けることができるでしょう。融資の手続きが簡単で、融資までのスピードが速いことで知られるキャッシングですが、この借り入れサービスを利用するにはまずネットや電話を使って申し込みを行います。(参考ページはこちら→ネットを使って融資に申し込む場合

この時に重要になってくるのが貸金業法で定められた総量規制の問題です。消費者金融では申請者の借り入れ限度額が年収1/3までと決められています。このラインを超えてしまうと返済可能な領域を超えてしまい、金融会社側と利用者、双方にとってデメリットになると考えられているからです。

そのため、キャッシングの申請時には必ず金融会社の審査担当者が信用機関への照会を行って、当人の現在の借り入れ総額がどの程度に達しているのかをきちんと確認します。もしも既に他社からの借り入れがある場合には、許可される融資額は年収1/3から既存の借り入れ額を引いた差額分となります。それゆえすでにその基準を超えている場合などには、もはやそれ以上の借り入れが許可される見込みは薄いと言えるでしょう。
(⇒審査の内容は初回と概ね同じ?

ただし、ショッピング枠はその対象内ではありませんので、必要な支出がある時にはこれを使うと自由に精算が行えます。そう聞くと、多くの人がショッピング枠?と驚かれることでしょう。しかし決して間違いではありません。クレジットカード発行時に定められた購入額の範囲内であれば、たとえ消費者金融からの借り入れで総量規制に達していても自由に活用して物を買ったり、サービスを購入することができるのです。こうした機能を把握しておく事によって、融資サービスをうまく使いこなしていきたいものです。