中小企業から借り入れしてる人って、どうして大手で借りないのでしょうか?大手のほうが知名度があるしサービスも充実しているし安心だし、やっぱり大手にかなうところはないんじゃないかと思っています。それとも何かお得なことがあるのですか?

実はすでに有名な会社から融資を受けているのですが、とても満足しているんです。でも中小企業のほうがオススメだよ!ってことがあれば会社を変えてみてもいいのかな…なんて考えています。中小企業からのキャッシングのメリットを教えてください。

マニュアルにとらわれない柔軟な審査を受けられるのがメリット

中小企業はいわば大手キャッシングから漏れた人の受け皿的存在です。大手のキャッシングやカードローン会社は「手軽にキャッシングできますよ!すぐに審査結果が出て即日融資可ですよ!」と、あたかも簡単にお金が借りられるように宣伝しています。(参考ページはこちら→審査基準が緩い業者もこうして存在している?

しかし大手は銀行の傘下だったりすることもあり、割と審査は厳しかったりするのです。また、マニュアルがありますから少しでも条件に合わなければ審査に通してもらえないということもあります。ですが中小企業であれば、実際条件に合わなくともそれぞれの事情によって審査OKとなる場合もあるのです。
(⇒大手金融業者の仕組み

例えば過去に滞納を繰り返して個人信用情報に事故情報が登録されている場合、大手ではまず審査には通りません。しかし中小企業であれば、最近の返済状況がきちんとなされていればOKとするなど、柔軟に対応してくれるのです。

中小のキャッシング会社もお客さんがいないと会社が成り立たないわけですから、経営のためにも多少心配なお客さんに融資をしているというところもあります。とはいってもあまりに多額の借金を抱えていたり無職であったりなどする人を審査に通すことはないでしょう。あくまで返済能力のある人に融資します。

中小企業は審査が甘い分、金利が割高になっています。ちょっと心配だなという人にお金を貸すわけですからそれなりのリスクがあるわけです。ここは金利で利益を上げなくてはいけませんので仕方のないことですよね。

そのほかにも高齢者や専業主婦、外国人など大手では審査に通りづらい人も中小企業では審査に通りやすくなっています。また、スタッフがとても親身に話を聞いてくれるところが多いようですし、大手と同じようにネットから申し込んですぐに審査結果が出るなど便利です。

大手と取り引きができるならばそれでよいかと思いますが、大手で断られてしまった人は諦めずに信頼できそうな中小のキャッシング会社を探してみてください。きっとあなたにあった会社が見つかるはずです。

中小企業に勤めている人でもキャッシングで借り入れをできる?

現代の日本では法律や条令などの整備によってさまざまな業界の健全化が図られるようになりました。その中でも特に大きな影響を受けることとなった業界のひとつが「キャッシング業界」です。特に「消費者金融系」と呼ばれるような金融機関はかねてよりトラブルの多い業界であったため、法整備などにも特に注力されるようになっていました。現在ではかつて見られたようなトラブルも少なくなっており、利用者は年々増加傾向にあります。

しかしそうしたキャッシングを利用したいと考える人にとって特に大きな悩みとなるのが「自身は借り入れをすることができるのかどうか」ということです。キャッシング利用の是非を決める審査においては、勤め先の企業に対して電話がかけられることもありますから、なるべくであれば審査を受ける前にある程度の目安を知っておきたいという人が多いのです。(参考ページはこちら→融資審査の大まかな基準

特に多くの人が悩むのが「中小企業に勤めている人は借り入れができるのか」ということです。大企業のように安定性が高いわけではない地元中小企業に勤める人などは、その経営安定性を理由に断られてしまうのではないかと考えてしまいがちです。

ですが実際には「中小企業であっても借り入れができる」というのがほとんどのケースです。キャッシング業者は「企業が安定しているかどうか」よりも「その消費者個人が安定して給与を受け取ることができているかどうか」ということに注目するようになっています。月々に安定した給与を受け取ることができていて、かつそれを証明することもできるというような場合であれば、ほとんどの場合は借り入れをすることができるでしょう。

とはいえ利用する前に知っておきたいのが「限度額」の存在です。この限度額は消費者それぞれの信用に応じて定められる「これくらいなら貸し付けても大丈夫」という基準ですが、これはその消費者の収入レベルや安定性などに依存して決定されるものであるため、全国に名を知られている大企業に勤めている人と比較すると、中小企業に勤めている人はやや低い限度額水準からのスタートになることがあるのです。

しかし限度額は継続的に利用していくと増額することも可能となっていますので、それほど気にする必要もありません。重要なのは「借りたお金を返すことができるかどうか」というポイントですから、中小企業に勤めているというような場合であっても審査を受けてみる価値はあるでしょう。