低年収で生活に困っているからこそキャッシングに頼りたいのですが、低年収でもキャッシング審査に通りますか?フリーターでアルバイト収入が一ヶ月約16万、年収にすると200万円いきません。年収が200万円以下でもキャッシングをすることはできますか?

年収200万円以下でもキャッシング審査に通る可能性はあります

キャッシング審査では年収も審査項目にありますが、年収よりも「安定した収入が継続的にあるか」ということの方が重要視されます。あなたの場合、毎月コンスタントに16万円前後の収入があるということなので、審査に通る可能性は十分あるのではないでしょうか。

ただし年収200万円以上を審査の基準としているキャッシング会社もありますので、まずは申し込み条件を調べてみるとよいでしょう。また、審査に通ったからといっても借入額が小額になる可能性が高いです。

2010年6月18日に貸金業法が改正され「総量規制」が導入されました。総量規制とは個人向けの貸付に対する決まりごとで、「貸金業者は、年収の3分の1以上の貸付を行ってはならない」というものです。キャッシングなどの借り入れによる多重債務で返済に苦労している人、債務整理(自己破産など)を余儀なくされた人が増えたため、このような人たちを守ろうという法律です。借金の限度額を法律で決めて、貸金業者の不当な貸し付けを防いだり多重債務で苦しむ人を増やさないことを目的としています。

月収が16万円ということは年収にすると192万円ですね。192万円の3分の1は64万円ですので、審査に通れば64万円までは借り入れ可能ということになります。しかし年収200万円以下は低年収層です。低年収の人がいきなり60万円以上の金額を借り入れするのはおそらく難しいでしょう。

もっとお金が必要ということであれば初めは小額から借り、きちんと返済をしていけば実績を積めるので、将来的には借入額を増やすことができるようになるかもしれません。また、大手で断られてしまったとしても中小のキャッシング会社では柔軟な対応をしくれるところが多いので、諦めずに相談に行ってみるとよいでしょう。ただし、中小企業は審査が甘い代わりに金利が割高なところもあります。

キャッシングは自分にあった会社を見つけることが大切です。自分の状況をよく把握して、あなたにピッタリのキャッシング会社を見つけてくださいね。

年収200万以下でもキャッシングの利用は可能です

ワーキングプアといわれる年収200万以下の方でもキャッシング会社と契約を結び、融資を受ける事は十分可能です。消費者金融もそうですが、銀行系のカードローンも正社員だけでなくパートやアルバイト等の非正規社員でも契約する事が多くなっています。(参考ページはこちら→もはや融資に職業は関係なし?

年収面ではほとんどの場合、パートやアルバイト等の非正規社員は年収200万以下という事が少なくない働き方です。最近はあまりキャッシングを利用する方が多くないので、正社員の方に融資のターゲットを絞ると顧客の獲得が難しくなります。その為正社員だけでなくパートやアルバイト等の非正規社員の方にも契約の枠を広げているのです。(参考ページはこちら→審査基準は大きく変化した?

確かに収入面で考えると融資限度枠はあまり高くない契約にはなりますが、いざという時にお金を借り入れる事が出来るのは助かる場面も出てきます。融資限度枠が低いと金利も高い契約になりますが、返済実績を重ねると融資限度枠が高くなる可能性もありますし、融資限度枠が高くなれば金利も下がります。

年収200万以下で生活が厳しい方の場合は、なるべくキャッシング等の借金に頼らずに生活する方がいいのですが、緊急にお金が必要になる場面を考えてキャッシング契約をしておいて損はありません。カードを作ったからといって使わなければ問題は有りませんし、いざという時のお守りのような形で契約しておくという考え方も有りです。

年収が低くてもつつましやかに生活していれば、普段はカードで借り入れる事もほとんどないでしょうが、緊急の場面がいつ来るかという事は誰にも分かりません。普段から多くの貯金が出来るような高額所得者にはお金を借り入れる用意は必要無いかもしれませんが、年収が低い場合は貯金もそう多く出来るわけではないので、借り入れる用意をしておく事は大切です。

ただ問題なのはキャッシングを利用した際の金利負担ですが、約定返済をするのは当たり前ですが、少しでも金利負担を減らす為に繰り上げ返済を活用すれば生活への負担の最小限に抑えられるので、早い返済が年収が低い方でも融資を受ける際の大きなポイントです。