主婦なので家計の管理をしていますが、なかなかやりくりがうまくいきません。病院へ行ったりイベントがあると子供が喜ぶと思ってついついお金を使ってしまい、生活費が足りなくなってしまいます。仕事をしているのでキャッシングはできると思うのですが、家族にバレてしまわないか不安です。家族にバレずにキャッシングを利用するコツを教えてください。

金融会社を味方にし、自身できちんと管理できれば大丈夫

キャッシングを利用する人の大半が周りに知られたくないと思っているので、金融会社もそれなりのサービスを提供してくれますよ。融資担当者は「ご家族には秘密ですか?」と聞いてくれると思います。そのときに家族には知られたくないことを伝えれば、うまくやってくれるものです。

では、どういったことで家族に知られてしまうのか、何に気をつけたらいいのかですが、まずは自宅への郵送物や電話連絡ですね。郵送物も電話も決して会社名を名乗ったりはせず適当な屋号や個人名を名乗ってくるけれど、聞きなれない人からの電話は怪しまれるかと思います。なので初めから郵送物はなし、電話連絡は携帯電話へとお願いしてしまいましょう。

郵送物とは契約書やキャッシングカード、月々の利用明細、電話連絡は本人確認や連絡事項になります。契約書やキャッシングカードは店頭窓口や無人契約機での受け取りにし、利用明細はWEBで確認できるように契約時に手配しておくことです。電話は初めから自宅の番号は書かず携帯電話のみにするとよいでしょう。

「WEB完結」といって、全ての手続きをWEB上で完結できるサービスを提供している金融会社もあるのです。店頭に行かずに済み、本人確認の電話はなし、連絡は全てメールで対応してくれます。利用明細などの情報はWEBで確認できます。ただし指定の銀行口座を開設していることが条件になっています。このためにわざわざ口座を開設したとしたら内緒にしておくことですね。

ここまでは金融会社のサービスですが、自身で注意したい点もいくつかあります。まずはキャッシングカード。キャッシングを利用する人は常に持ち歩いていると思います。普段使っているお財布やカバンの中に入れておくと危険です。うっかり落としてしまったり何かと間違えて出してしまったりしないように注意しましょう。インターネットの閲覧履歴も要注意です。一台のパソコンを家族で共有している人は、必ず使用後に閲覧履歴を消去しましょう。

また、返済を滞納すると督促の電話がかかってきたり、督促状が自宅へ送られてくる場合があります。携帯電話へ連絡があったとしても、在宅時にいつもと違う感じの話し方をしていたら家族としてはなんだか気になりますよね。こういうところから怪しまれ始めさぐられてバレてしまうもののです。返済に関してはも注意してくださいね。返済期日をきちんと守るべきことはと言うまでもありませんが、家族に知られてしまうリスクが増えますのでそういった意味でも滞納しないよう注意しましょう。

このように契約時に融資担当者へ「家族に知られたくない」ことを伝えそのように対応してもらえるようにお願いすることと、自身で契約書やカードなどの所持品や返済を滞納しないなどの管理をきちんとすれば、そうそうはバレることはないと言えるでしょう。

家族にバレないでキャッシングを利用する方法

キャッシングやカードローンなどは、そのイメージはだいぶ世間に一般的になってきたものの、借金であることに間違いはありません。借金をする際には、審査があります。この審査の過程で、家族にバレない方法はあるのでしょうか。また、審査を終えて、借り入れや返済をしている最中にも家族にバレない方法は、あるのでしょうか。(参考ページはこちら→内緒でお金を借りてみるには

まずは、家族にバレてしまう可能性があるタイミングを考えてみます。銀行でも消費者金融でも、申し込みの時点で自宅に電話してくることはありません。電話はしてこないのですが、郵送物が届きます。つかり、カードが届くのです。カードがないと借り入れもできませんので、郵送されなければ困ります。しかし、これで家族にバレてしまいます。

また、お金を借り入れたとしても、当然、返済が行われなければ自宅に連絡が入ります。ただし、すぐに自宅に電話が来るのではなく、まず借り入れた人に未納通知のメールが入ります。このメール最速でも支払いを行わないと、今度は本人の携帯に金融機関から電話が入ります。それを無視しいると、最終的には自宅に電話が入るという流れです。これにより家族にバレます。

金融機関としては、当然のことを行っているだけですね。カードを贈らなければ、キャッシングを利用できません。返済がなければ、商売になりません。よって、この二つを避ければ、家族にバレなくて済むということです。

まず、申し込みは店頭の窓口で行います。すぐにお金を借りたい人などが、窓口で申し込みをする例があります。なぜなら、その場でカードをもらえるからです。早ければ30分程度ですべての審査が終了し、カードが手渡されます。これにより、自宅への郵送を避けることができます。

次に、返済についてです。返済は計画的に遅滞なく行うという前提ですが、それでも遅れてしまった場合には、メールが来た時点で払います。その時点で無理ならば、携帯に電話が来た時点で払います。これも無理ならば、自宅に電話が来る前に、返済できない旨を窓口で相談します。すると、担当者は別の方法による返済計画を考えてくれます。返済できないならば、それは仕方ありません。とにかく密に金融機関と連絡を取り合うこと。そうすれば自宅への電話は避けられる可能性が高くなるでしょう。
(⇒融資の返済に遅れるとリスクがたくさんです