長年勤めてきた会社を60歳で定年退職しました。まだまだ現役でいたいので新たにアルバイトのような仕事につきましたが、以前に比べると収入が激減。そこで友人に勧められたプロミスに申し込んでみようと思うのですが、60歳で新規に申し込むことは可能でしょうか?借りられたとしても何歳まで大丈夫なのか教えてください。

プロミスの年齢上限は69歳。収入があれば申し込めます

プロミスでのキャッシング申し込みが可能な年齢は、20歳~69歳までとなっています。安定した収入があることが前提です。定年退職後のアルバイトや自営業であっても、定期的な収入があれば問題ないでしょう。

近年の高齢化の影響で、定年退職をしたあとも仕事をしている人が多くなっています。退職後に働きながら年金を受給していたとしても、生活には何かとお金がかかるため高齢者からのキャッシング希望は増えているのです。他のキャッシング会社ではもう少し低めの年齢設定をしているところも少なくありませんが、プロミスではそういった人たちのために年齢制限の幅を広げています。

年齢は69歳までとされていますが、年金受給者はどうでしょうか。プロミスでは残念ながら収入が年金収入のみの人はキャッシングを利用することができません。ほかのキャッシング会社を見てみると、借りられる会社は限られています。申し込む前に一度調べてみるとよいでしょう。
(⇒融資審査の基準を調べてみよう

しかし、年金収入のみでのキャッシング利用はおあまりオススメしません。年金を担保にしてしまうと、万が一返済できないときがきたとしたら、今後収入がなくなり生活ができなくなってしまいます。やはり無職での借金はやめたほうがいいでしょう。

年齢が上がれば死亡率も上がります。お金を貸すには返済してもらうことが前提になりますので年齢は審査にも響いてくるはずです。キャッシングを利用するのであれば、仕事があって元気なうちに契約しておくことをオススメします。

プロミスのキャッシング:年齢上限はあるの?

給料日までまだ日数があるのに、今月はお金を使いすぎて、あまりお金がなくて困ったな、というときに、便利なのがプロミスのキャッシングです。

プロミスという名前を聞いたことはある方は多いかもしれません。テレビCMや電車広告などでよく宣伝されていますから。昔は、プロミスは、消費者金融会社の名称だったのですが、今は、三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンスが行っているキャッシングの名称です。三井住友銀行グループなので、初めての方でも安心です。

このプロミスのキャッシングの特徴は、まず、借りたお金の使い道が限定されていないことです。生計費であれば、好きな用途に使用できます。例えば、給料日前でお金がないときに旅行に誘われたけど、その旅費を捻出できない、というときに、プロミスでお金を借りて、借りたお金を旅費に充てることができます。また、食費や住居費など生活費そのものが足りないときには、借りたお金を生活費に充当することも可能です。

このキャッシングのもう1つの特徴としては、その利便性にあります。借り入れ方法には、インターネットや電話から指定口座への振り込み、店舗窓口での借り入れ、ATMでの借り入れがあります。特に、ATMでは、お金を引き出すような形で借り入れができるため、手元にお金がなくて困った!というときに、すぐに借り入れができて便利です。また、提携する銀行(三井住友銀行等)のATMや、コンビニエンスストアのATMも利用できるので、借り入れするATMを探し回る必要がありません。(参考ページはこちら→ATMから使える便利な借り入れ方法

なお、このキャッシングには年齢上限がありますが、満69歳以下の方となっています。つまり、成人の方であればほとんど利用できます。ただし、利用するには、安定した収入があることも条件になっています。安定した収入には、サラリーマンがもらっているお給料には限られず、パートによる収入やアルバイトの収入も含まれます。そのため、パートで働いている主婦の方やフリーターの方でも利用することが可能です。