今年大学に進学したばかりの18歳女子大生です。東京で一人暮らしをしていますが、家賃は仕送りから払い、生活費はバイトをして稼いでいます。でも、勉強はもちろんのことサークルや飲み会などで忙しいうえにお金がかかるんです。少しだけキャッシングを利用して乗り切ってみようと考えているのですが、未成年の大学生でもキャッシングはできますか?できれば親には知られたくないのですが…
(⇒仕事をしていても借りるのは難しい?

未成年のキャッシングは基本的にできません(例外あり)

キャッシング会社は、未成年者に対して融資をしてはいけないという決まりがあります。キャッシング会社に適用されるれ法律(貸金業規制法)で未成年は「支払い能力がない」とされています。もし未成年に融資を行ったら、法律違反をしたということになっていまうのです。
(⇒審査に通る為の必要条件

また、未成年者が親の承諾なしに勝手に契約をしてしまったら、その契約は取り消すことができるのです。親や本人が「契約は無かったことにして」と言えば契約が取り消されて無かった事になるので、利息を支払う必要もありません。ハッキリいってキャッシング会社はそんなリスクを背負いたくないので、未成年者に融資することはないといっていいでしょう。

例外もあり、親や保護者などの同意と同意書があれば融資を受けられる可能性があります。しかし同意書を自分で書いて申し込みをする未成年者がいます。筆跡を変え、印鑑も違うものを用意して同意書を偽造し提出すれば、お金を借りられることがあります。しかしこうして嘘をついて契約したものは解約はできません。

未成年でも結婚している人は借りられる可能性があります。民法では「成年擬制」といものがあり、「未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす」とされています。これにより未成年でも結婚をしている人は、親の同意がなくても契約行為をすることができるのです。

しかしながら、キャッシングの審査に通るには勤続年数や収入などが安定していないといけません。年収が200万円に満たない場合や勤続年数が1年未満などであれば、審査に通らない可能性が高いでしょう。やはり未成年者のキャッシングはなかなか難しいと言えそうです。借りられたとしても小額になるでしょう。

成人すれば学生ローンを利用できるようになりますので、それまではご両親の助けを借りるなどして乗り切ったほうがよいでしょう。

十代のキャッシングは借金の自覚を持ってください

キャッシングは、お金が足りない時の便利な資金調達手段です。しかし若い人がキャッシングをすると、あまりに簡単にお金が手に入ることから、借金をしている自覚がなくなってしまうことが多いようです。高校を卒業して働きだした人や大学生でアルバイトしている方は、キャッシングの申込はできますが、このことに十分注意が必要です。十代のキャッシングは、借金というものの便利さと怖さを学ぶには絶好の機会ですが、一歩間違うと返済ができない事態にも陥りかねません。そのようなことがないようにキャッシングの極意を知っておくことが大切でしょう。

キャッシングの極意は、一日でも遅く借りて一日でも早く返すことです。そのためにはできるだけ借りないようにすることが一番であり、どうしてもお金が足らない時に限ってキャッシングをするのです。また、借りる際もどうしても必要な最低限のお金に限定すべきでしょう。間違ってもちょっと余分に借りようかなというようなことを考えてはいけません。また、返済をいつするかも明確に決めることも大切です。

キャッシングをするサラリーマンの方など、一番多いパターンは給料日前にちょっと足らなくなったという場合ではないでしょうか。給料日までにお金を使ってしまった場合、キャッシングでしのぐことも多いでしょうが、給料日には必ず全額返済するようにしましょう。そして次の給料日までは節約に徹するのです。もちろん足らなくなってしまうことも多いでしょうが、せめて最初の借入額より少ない金額にすべきです。

十代のキャッシングは申込に親の承認が必要だったり、融資限度額が低いため利率が高かったりします。親の承認が必要であっても利用明細が親へいちいち送られるわけではありませんから、自分自身の自覚が必要です。どうしても利率が高いので返済が遅れると思わぬ利息の金額になってしまいます。何事も最初が肝心です。借金のルールを知って今後の社会人としての自覚を養いましょう。

【参考ページ】
未成年のうちは借りない方が無難?