財布を落としてしまいました。現金はたいして入れてなかったしクレジットカードも持ち歩いてなかったのですが、運転免許証は入っていました。免許証を使ってキャッシングなどされてしまわないか心配です。他人の名義でキャッシングをしたらどうなりますか?勝手に契約されたとしても自分名義なので返済しなくてはならないのでしょうか?

免許証を悪用して逃げられたとしても、返済する必要はありません

近頃のキャッシングは、インターネットのみで契約できるなどとても手軽に利用することができます。他人の免許証を入手して本人と偽り申し込んだ場合、キャッシング会社も慎重に審査はしていますが、窓口での申し込みでない限り、申し込んだ人の顔は確認できませんので契約が成立してしまう可能性があります。

実はこういったケース、少なくないのです。しかもほとんどのケースでは悪用された本人の身内など、身近な人が悪用していたことがわかっています。身近な人の犯行なので、調べればわりとすぐに犯人がわかります。

悪用されていることに気づくのは滞納をしたときです。督促をしても請求に応じなかったとき自宅へ督促状を送るのですが、このときに初めて他人に悪用されていることに気づくことが多いのです。気づいたらすぐにャッシング会社に申し出ましょう。

自分は名義を使われただけでキャッシングの契約などしていないこと、お金を借りていないので支払い義務は一切ないこと、請求は止めてもらうこと、そういった趣旨を内容証明郵便で送ることです。

しかしキャッシング会社も名義人に請求するしかありませんので、引き続き請求が来る場合があります。そのようなときは債務不存在確認訴訟を提訴します。この場合は弁護士を立てたほうがよいかと思います。

このような事態にならないためにも、運転免許証や健康保険証など大事な書類は厳重に管理するようにしましょう。
(⇒融資に関わる書類の管理は徹底しよう

【参考ページ】
融資の名義貸しについてはもっと注意しよう

他人の免許証でキャッシングしようとする人に応じてはいけません

ブラックリストに載ってしまった人は、何らかの方法でキャッシングができないかと模索するものですが、その最たる例が他人名義でのキャッシングです。とはいえ、キャッシングの申込は本人確認が必要なため、知り合いに免許証を借りて申込をすることがあります。しかし他人の免許証でキャッシングの申込をすることは違法行為です。申込をする人もする人ですが、貸してしまった人は自覚が足らないとしか言いようがありません。(⇒きちんと借り入れに必要な条件を把握しよう

このようなことをする人は、自分がまともにお金を借りることができないため、他人の名義でお金を借りようとしているのです。免許証を貸してしまうことで、自分がその人の借金の保証人となったことと同じことになり、返済できなかった場合は貸した人が責任を取ることになります。信販会社側は名義貸しをしたかどうかは確認できませんから、免許証を貸した人に請求をすることになります。

このような人は今までに金融事故を起こしている経験者ですから、再度同様のことをする可能性が高いです。まして自分の名義ではないので、どのような利用になるかは言うまでないでしょう。自分が借りているわけではないのに、自分がブラックリストに載ってしまうことになるのです。免許証を貸すという事は、名義貸しと同じことです。名義を貸してしまったらその借金はすべて自分の借金となってしまうことは忘れてはいけません。

信販会社側もこのような問題に対処するために、本人確認を徹底しています。しかし確認する事項は住所や生年月日であり、免許証上に書いてあることばかりになります。そのため、名義貸しをしてしまうことにより本人確認も通過してしまいます。最近は無人機でカードの受取が可能なので名義を借りた人が完全に成り済ますことが可能になってしまっているのです。自分の信用は大切だと自覚している人でも免許証の大切さは知らない人も多いようです。大したことはないと思う気の緩みが、自分で取り返しのつかないことを引き起こすのです。(参考ページはこちら→何故融資審査は行われるかを考えよう