最近キャッシングを利用しはじめました。日々残業続きで仕事が忙しく休日もよく出かけているので、うっかり返済期日を忘れてしまいそうです。返済期日を忘れたらブラックリストに載ってしまうのでしょうか?ブラックリストに載ってしまったら、もうキャッシングは利用できないのでしょうか?

滞納したらすぐにブラックリストに載るというわけではありません

ブラックリストと聞くと、ローンや公共料金、携帯電話やキャッシングの支払いを滞納している人の名前がズラ~っと載っている名簿をイメージする人も多いのではないでしょうか?もしかしたら自分の名前も載っているのでは…と心配している人も少なくないと思います。

しかし、そのような名簿は存在しないのです。ブラックリストと呼ばれるものは、信用情報機関に登録されている「過去の事故情報」のことを言います。事故情報といっても交通事故などのことではなく金融関係のことで、例えば滞納を繰り返しているなど支払いに支障が出たときに登録されるマイナスな情報(金融事故)のことをいいます。(参考ページはこちら→融資審査の真実

信用情報機関は日本には3社あります。クレジットカード会社など信販系が加盟している個人信用情報機関。銀行や農協などが加盟している銀行系の個人信用情報機関。貸金業やリース会社、保証会社、金融会社など消費者金融系が加盟している個人信用情報機関があります。

これらの信用情報機関に登録されてしまうケースとは、例えばキャッシングやカードローンの滞納はもちろん、クレジットカードでの買い物や公共料金の支払いの滞納などを繰り返しているときです。3ヶ月ほど支払いが遅れると登録されてしまうと思ってください。残高不足で引き落としができなかったというときは、再引き落としができれば延滞扱いにはならないようになっています。

ほかにも、債務整理(自己破産や任務整理)をしたときや、保証会社などが代位弁済(債務者以外の者が債務者に代わって弁済)したときなどは、事故情報として個人信用情報に登録されてしまいますので頭に入れておくとよいでしょう。

事故情報が一度でも登録されてしまうと一定期間残ります。その期間はキャッシングはもちろんのこと、ローンを組んだりクレジットカードを作ることもできなくなります。事故情報が削除されるのは返済が完了してから5~10年(ケースにより異なります)ほどかかり、完済しない限り消えることはありません。
(⇒この状態でもOKな会社はある?

事故情報は問い合わせをすると、自分の登録情報のみですが郵送で開示してもらうことができます。手数料1000円程度で取り寄せることができますよ。開示方法は会社によりますので、機関のWEBサイトなどで確認し、気になる人は依頼してみるとよいでしょう。

一度事故情報が登録されてしまうと、元の状態に戻すまでに長い年月がかかります。登録されている期間は不便が多々ありますので、滞納せず期日に返済できるよう、お金の管理をきちんとして計画的にキャッシングを利用するようにしてください。一度滞納したからといってすぐに事故情報が登録されることはありませんが、返済期日はきちんと守りましょう。

キャッシングで「返済期日忘れ」をしてしまうとブラックになる?

キャッシングは現在、日本のいたるところで行われる金融事業になっています。人が集まるような街中であれば必ずキャッシング会社の看板が見られるようになっていますし、テレビコマーシャルなども連日放送されるようになっています。

しかしながら「お金を借りる」ということには非常に大きな責任が伴うということには注意が必要です。その責任をしっかりと果たしていくことができなかったのであれば、そのお金を借りた人はその後長くに渡って「ブラック」と呼ばれるようになってしまいます。

債務整理などで債務を帳消しにしたりするとブラックと呼ばれるようになってしまうということは多くの人が知っていることですが、同様に非常に重く扱われていることがあるということには注意が必要です。

それが「返済期日忘れ」です。もちろん人間はあらゆることを常に覚えていられるわけではありませんから、数日程度であればキャッシング会社から連絡が来て、すぐに返済するというような形で終わることがほとんどです。しかしながらその連絡が来ても故意に返済をしなかったり、うっかりしていて返済を忘れてしまったというようなことがあったのであれば、それが「ブラック」として掲載されることにつながってしまうことがあるのです。

ではどれくらいであれば返済期日忘れを起こしても問題ないのかというと、これは原則として「連絡が来たらすぐに対応を始める」ということが重要です。基本的にキャッシング会社から「これくらいの日数であれば返済を忘れても問題ありません」として告知されることはありません。返済日というのは「絶対に守る」というのが契約書に記載されたルールだからです。

しかし実際には事故などのやむをえない理由で返済ができないケースもあるため、ケースバイケースとして対応をしてくれているのです。督促が一度もされないままブラックとして扱われるということは、常習犯でもない限り中々あることではありませんが、もし自身が督促を受けたりしたのであれば、迅速に返済をするように心がけましょう。