現在2社からキャッシングしています。それでもお金が足りないし、すごく便利なのでついもっともっとと借りたくなって…もう何社か回ってみようと思うのですが、キャッシングは一度に何社まで利用しても大丈夫ですか?

審査面で厳しくなるのは3社から。それ以上は難しいと思って

ほとんどの金融会社は3社から審査が厳しくなると思ってください。その理由は、消費者金融連絡会に「3社規制」というルールがあり、すでに3社からお金を借りている人から新たにキャッシングの申し込みがあっても融資はしないという協定があるからです。ですので消費者金融連絡会に加入している金融会社は、基本的には3社以上の利用がある人には融資しません。ただし、法律で何社までと決まっているわけではなく消費者金融が独自に定めているルールですので、状況によっては借りられることもあるかもしれません。

なぜ基準が三社からなのか?たとえば年収が300万円の人は、借りられる額は総量規制により年収の3分の1である100万円までになります。100万円を一社10万×10社から借りることはありませんね。それを考えると借入先は自然と2~3社ということになります。

キャッシングの審査は、借り入れ総額よりも何社から借り入れがあるかということを重要視しています。きちんと返済ができていたり借入額が少なければ融資を受けやすいかもしれません。収入が高ければそれだけ返済能力が高いので複数社借りられる可能性が高くなります。逆に収入が少ないと一社目の審査から危うくなってしまったり、借入額が小額になってしまうかもしれません。

しかし、総量規制で年収の3分の1までしか融資を受けられないという決まりがありますので、逆を言えば借り入れ額が年収の3分の1以下であれば新たに融資を受けられる可能性も出てきますね。「まだ年収の3分の1に達していません」ということです。また、総量規制対象外の銀行系カードローンなどもありますので、うまく使えば融資額が上がるかもしれません。

すでに借り入れがある場合、利用社数や借入額、返済状況などで大きく結果が変わることがわかりましたね。また、大手ほど厳しく、規模が小さくなるにつれて審査が甘くなる傾向にあります。大手はリスクが大きな相手には融資しません。大手ではじかれてしまった人を受け入れるのが中堅から中小の金融会社です。

多重債務でなかなか融資を受けられず、なんとか貸してくれるところをさがしているうちに中小の金融会社に、さらにはヤミ金にたどり着くという例も少なくありません。おいしい話には裏があります。安易に貸してくれるところは要注意です。

複数社から借り入れをしているということは、多重債務になるということです。信用にかかわるので今後融資を受けづらくなりますし、返済がややこしくなるというデメリットがあります。それを考えるとなるべく1社で済ませられるとよいのではないかと思います。

キャッシングで何社まで大丈夫かは自主規制がベースになります

キャッシングの中でも貸金業法で規定されるもの、業態で言えば消費者金融や信販会社などが該当するのですが、これらのキャッシングでポイントとなるのが総量規制と自主規制の二つの規制です。総量規制は年収の3分の1以内に借り入れを制限するもので、借り入れ残高によって1社で50万円以上、あるいは他社と合わせて100万円を超える残高がある場合は収入証明書が必要となります。この総量規制は法律で定められたものですが、自主規制は業界がとりまとめた紳士協定です。つまり、法的な拘束力はないのですが、大手消費者金融や信販会社を中心に他社件数の基準となっています。(参考ページはこちら→ルールを守らないと融資は受けられません

自主規制では3社以内を基準としています。この3社という数字は3社までならOKというものではなく、1社でも以内として規制される点があります。特に消費者金融の無担保・保証人不要のキャッシングは50万円を限度額の基本にしています。つまり、件数をみることで自ずと借り入れ残高が分かる仕組みでもあるのです。これが何社まで大丈夫かの目安になり、件数基準になっています。

消費者金融や銀行のカードローンでは申し込みの際の本審査とは別に、お試し診断を設けています。これは年齢や既婚・性別、他社の借り入れ件数を入力することで融資が可能かどうか分かるようになっています。これに自主規制を超える4社として入力すると、融資が難しいとの判断も出てくることがあります。そこからみえてくることは3社を基準に、借り入れ金額で150万円、年収に換算すると450万円という数字です。

この自主規制は現在進行中のもの、すなわち借り入れを行っているものを基準としています。また、1社でも3社以内であるため、借り入れ金額や収入によっては自主規制内であっても審査落ちとなることがあります。何社まで大丈夫かという点は、こうした自主規制によることが大きいのですが、返済能力が加味され、利用者の属性によっても変化することがあります。
(⇒融資を受ける件数は計画的にしよう