37歳会社員です。趣味の音楽活動や部下に食事をおごったりしているとすぐに小遣いがなくなり、キャッシングを利用してみたいと思っています。ですが倹約家の嫁には絶対に内緒にしたいので、自宅に書類が送られてきたり電話がかかってくると困ります。キャッシングを利用するとこのようなことは仕方ないのでしょうか。なんとか自宅への郵送物や電話連絡をなしにはできないのでしょうか。(参考ページはこちら→家族にも内緒で融資を受ける方法

キャッシング会社はあなたの味方!家族に内緒で利用できる

キャッシングって、住宅ローンやクレジットカードでの買い物と違って隠したくなるものよね。お金を借りて後から返すのは同じなのに、キャッシング=借金というイメージがあるから誰でも隠したくなるものなんじゃないかしら。金融会社もそれはわかっていて、最初の時点で「ご家族には内緒ですか?」と聞いてきたりするものよ。そこで家族には知られたくないことを伝えて対策を取ってもらうことがとっても重要なの。
(⇒金融業者によってはより都合の良い対応をしてくれる?

あなたが心配している電話連絡や郵送物、通常なら自宅に送られてきます。家族に内緒であることを伝えていなかったとしても、キャッシング会社は電話で会社名を名乗ることはないので安心して。電話では個人名を名乗ったり、郵送物は差出人を書かなかったり適当な屋号にしたりと、金融会社であることは伏せて連絡してくるのよ。とはいってもちょっと怪しいと感づかれることもありそうだから、やっぱり先にきちんと手続きをしておくといいわ。

電話連絡はまず審査時の本人確認のときにかかってきます。申込書に自宅の電話番号を書くと自宅に電話がかかってきてしまうから、必ず携帯電話の番号を書いておくことね。郵送物は契約書やキャッシングカード、月々の利用明細なんかが要注意。申し込みの段階で契約書とキャッシングカードの受け取りは無人契約機か店頭窓口受け取りにし、月々の利用明細はWEB利用明細にしておくといいわ。

「WEB完結」といって、全てのやりとりをWEB上で済ませられる金融会社もあるのよ。店頭窓口に出向くこともなく本人確認の電話はなし、連絡は全てメール、必要な情報はWEBで確認できるといったサービス。ただし特定の銀行口座を開設しているなど条件はあります。このために作った口座は内緒にしておくことね。
(⇒最近の融資審査はすぐに終わらせられる?

このように金融会社に対策を依頼したことに気を抜いてしまい自身がきちんとしていないと、家族に知られてしまうリスクが高くなるわよ。たとえば返済の滞納。返済期日に入金がなければすぐに確認の電話がかかってきます。携帯に電話があっても、必要以上に電話があると奥さんに怪しまれてしまうわね。また督促状が自宅に送られてきたら家族に見られてしまう可能性も出てくるでしょう。返済期日を忘れてしまいそうな人は、返済期日が近づくとメールでお知らせしてくれるサービスがあるのでそれを利用するといいわ。

それからインターネットの閲覧履歴も要注意。奥さんや子供と共有しているパソコンは危険。パソコンを使ったら最後に必ず閲覧履歴を削除することを忘れないで。キャッシングカードをカバンやお財布に入れている人も気をつけて。例えば小さなお子さんがいたらカバンの中身をひっくり返したときに出てきてしまったり、お会計のときにほかのカードと一緒に落としてしまったりということも考えられるわね。

これだけきちんと対策を取っていればなかなか家族には気づかれないとは思うけれど、最初に打ち明けるよりも内緒にしていたことが後からバレる方が大事になると思うの。ずっと隠れてキャッシングをするならば、絶対にバレない覚悟を持って利用することね。

家族にも会社にも内緒でキャッシングを利用する方法

たとえ家族であっても、他人には理解され難い理由で、お金が必要になることがあります。借金に無縁な人に対して、いくら口で説明しても、それは理解してもらえないでしょう。だからこそ、悪気があってと言うわけではなく、家族にも、会社にも内緒でキャッシングできたらと思う人もいます。

家族にも会社にもばれずにキャッシングを利用することは、できるのでしょうか。きちんと段取りをうまくやればできますので、よく理解しておきましょう。

最初に、会社にばれないで利用する方法です。これは特に何をするというわけでもありません。会社への在籍確認の電話でばれるのではないか、と考えている人も多いようですが、電話でばれることはありません。なぜなら、この在籍確認の電話では、金融機関の名称は名乗らないからです。個人名で電話してくるのが普通です。しかも、用事はあなたがそこで働いているかを確認するだけなので、何かを根掘り葉掘り聞かれることはありません。

次に家族にばれない方法ですが、これはきちんと段取りを組んで動きましょう。まず、申し込みはインターネットからではなく、店頭で直接行います。できれば、平日の午前中が良いでしょう。そのほうが、短時間でスムーズに事が運びます。店頭で申し込めば、カードがその場で発行されます。つまり、自宅に郵送されなくて済むのです。これで申し込みがばれないようにすることができます。

次に、もしお金を借りたら、遅滞なく必ず返済をする、ということです。返済が滞ると、まずメールで連絡が来ます。そのメールを無視してしまうと、今度は携帯に電話が入ります。すぐに折り返せばよいのですが、折り返しがないと自宅に電話が来ます。そこでばれてしまいます。

よって、家族にばれなくするためには、店頭で申し込みをし、返済には送れないということです。万が一返済が遅れそうになったら、すぐに金融機関の担当者に連絡をしましょう。そうすれば、別の計画で返済をする相談を受けてくれます。返済が怪しくなったら、連絡を密に取り合うこと。これが誰にもばれないコツです。