現在、大学に在学中ですが将来は公務員を目指しています。奨学金とアルバイトで学費を払っていたのですが、1度どうしてもお金が足りなくて10万円程をキャッシングしました。分割で返済していたのですが、何回か口座残高が足りずに返済遅延をしたことがあります。最近、こういうキャッシングの履歴や返済の遅れが信用情報機関というところに集められて保存されているという話を聞きました。公務員試験を受ける時、この信用情報は報告されて試験の結果に影響が出るのでしょうか?

金融会社と本人以外には信用情報は公開されません

信用情報機関が何故個人の信用情報を集めるのかというと、お金を借りる人の返済能力の情報を銀行やカード会社に提供する為です。2010年に改正、施行された改正貸金業法が定められる前は自分の返済能力を越えた借り入れをしてしまい、ある会社への返済の為に別の会社から借り入れをしてしまうという事態になってしまう人が大勢いました。よく言われる多重債務者ということです。結局、返済することが出来ずお客さんの方も会社の方も被害を被ってしまっていたのです。
(⇒多重債務者には何故なってしまうのか

現在では多重債務者のこれ以上の増加を防ぐ為に規制がされて年収の三分の一以上の借り入れは出来なくなっています。また、お客さんの返済能力を正確に把握する為に信用情報機関で一度顧客となった人の利用履歴の情報を共有することとなったのです。

このように信用情報は適切でない借り入れを防ぐためのものですので、それ以外では調べたり閲覧してはいけないこととなっています。ですので質問者さんが心配なさっているような影響はまずないと考えていて大丈夫です。実際、私の身の回りにも返済遅延を経験された方がいらっしゃいましたが、現在では現役公務員としてバリバリと働いてらっしゃいます。心配せず、試験合格目指して頑張ってくださいね。

キャッシングで一番信用力が高いのは公務員!

社会的な身分にかかわらず、人は他人から借金をしなければならないことがあります。人生のうちに、借金を一度も経験しない人は、むしろまれでしょう。たとえ有名企業の幹部であれ、エリート公務員であれ、同じです。(参考ページはこちら→職業によって融資の有利不利がある?

さて、大きな借金、たとえば住宅ローンなどは、銀行の窓口に何度か通って、じっくりと相談して決めていきます。しかし、少額の借金、たとえばキャッシングやカードローンと言われるものについては、そこまで面倒な手続きは必要ありません。即日融資、という金融機関がほとんどですので、申し込みや審査も実に簡易的なのです。

しかし、金額は大きくなかったとしても、キャッシングも借金であることに違いはありません。借金をする際には、その身分が何であれ、必ず信用力の審査が入ります。勤務先などの属性、他社からの借り入れ状況、過去の金融事故など、多面的に本人の信用を調査するのです。そして、特に返済能力に問題なしとされた人は、晴れてキャッシングのカードを手にすることができるのです。
(⇒金融事故の記録があると大抵は借りられなくなります

さて、キャッシングやカードローンで、最も有利な職業はなんでしょうか。実は、大企業の幹部よりも、著名な作家先生よりも、実は公務員なのです。キャッシングは、将来の安定収入を最も高く信用力として評価します。収入の額よりも、安定性です。公務員は、景気に左右されることもなく、また現代社会では珍しい年功序列の終身雇用を基本にしていますので、安定性問観点だけ見れば、どんな職業よりも上なのです。しかも、多額の退職金も保証されています。

よって、公務員が一番信用度が高いと言えます。ちなみに、次に来るのは大企業の社員です。さらに、中小企業の社員や経営者と続き、自営業、アルバイト、パートときます。(参考ページはこちら→職業による融資の相性

ちなみに自営業者は年収が高くてもローンを組みづらいとよく言われます。安定性の観点で言えば確かに会社員に劣るのですが、それ以外にも、自営業者は借金をするときに、収入証明書を出さなければならないことがあります。この作業が面倒なので、自営業者は借りづらい、という誇張された噂にもなっているようです。