私の持っている資格を以前の仕事場より生かせそうだったので3ヶ月前転職しました。仕事の方は、まだまだ慣れず大変なことも多いのですが、前の職場にはない充実感を感じています。ただ、仕事場の移動にともない引っ越しもしたので色々とやりくりが大変になってきました。試用期間が終わってお給料が定額支払われるまでの間、キャッシングでなんとかしたいのですが、やはり転職したてでは審査に通りにくいでしょうか?

転職に至った経緯をきちんと説明してみましょう

カード会社の人が審査の時に重視するのは、あなたの返済能力です。返済能力っていうのは年収と勤務先と勤続年数でわかりますよね。良い会社や公務員は返済能力が高いとして評価されるし勤続年数が長ければ長い程、勤勉な人として信頼されるってことです。だから一般的に転職したてではキャッシング審査に通るのは難しいと言われてます。特に日本では1つの会社にずっと勤め続けるのが美徳ってされますしね。(参考ページはこちら→仕事状況は融資審査でも欠かせません

ただ、最近の不況なご時世でその考えも変わってきているようです。長く勤めていたくても会社の方が無くなったりするし、自分の資質を活かす為によりよい仕事場に転職する人も増えて来てます。

あなたの話だと自分の資格を活かすことの出来る仕事場に見事に転職出来たわけで、しかも、ずっとその仕事を続けて行きたいと望んでいるわけだからそういう姿勢を窓口でアピールしてみたら良いでしょう。審査の時には以前の勤め先の収入証明書と、新しい勤め先の両方を求められる場合があるのであらかじめ用意しておいてください。

転職をするとキャッシングの審査に影響はあるのか

転職を行うとキャッシングの審査に影響はあります。具体的には銀行や消費者金融においては、勤続年数はあまり重視しない傾向にありますが、それでも極端に勤続年数が短い場合や、一年未満の場合には、審査に悪影響を及ぼしてしまうことになります。今まで働いてきたとは言え、新しい職場での勤務期間が短いために、それが悪影響を与えてしまう場合があるのです。

キャッシングの審査においては、一定の勤続年数は必要になります。最低でも一年程度は必要とされており、それ未満だと落とされてしまう可能性が高いのです。転職の場合には、実際には今まで安定して稼いでいたにもかかわらず、新しい職場での信用はゼロになってしまうのです。なので悪影響を与えてしまうことになるのです。

実際には今までの職場により、安定した収入を得ている場合には、支払い能力があると判断されやすくなり、利用開始しやすくなります。なので大体の場合においては、利用開始することができます。今の時代では転職を行うことは珍しいことではないために、キャッシングにおいては、あまり悪影響になることはないのです。

しかし転職直後は気をつけなければなりません。収入がまだ安定していない状態で利用開始を申し込むと、支払い能力が安定していないと判断されてしまう可能性が高いからです。新しい職場での仕事の実績がまだ評価されていないために、金融機関としても、どのぐらいの支払い能力があるかわからないからです。

そのため転職をしようとしており、またキャッシングを利用しようと考えている場合には、今勤めている会社を退社する前に、利用開始の申し込みをすることがおすすめです。これならば今までの勤続年数を利用することができ、また収入も安定していと証明することができるために、審査においてはかなり有利になるのです。なのでキャッシングの審査をする場合には、退社をするまえに申し込みの開始を行うことをおすすめします。