社会人になってから同僚との付き合いや冠婚葬祭などで出費がかさんでいます。今までは学生時代のバイト代を貯めた貯金を足してなんとかやりくりしてきましたが、だんだんと苦しくなってきました。親には絶対頼りたくないのでカードを作ってキャッシングが出来ないかと考えています。

会社に入って2年目の正社員なので審査にはまず受かると思うのですが心配なのは在籍確認です。直属の上司が結構厳しい人なので、もしもばれたら社内での評価に影響が出るかもしれません。親に逆らってまで入った会社なので辞めるようなことにはなりたくないです。可能ならば在籍確認無しでカードを作れる会社を教えてください。よろしくお願いいたします。

在籍確認無しで利用出来る商品は増えています

在籍確認は、カード会社の方から見ればお客さんの返済能力を確認するための重要なものです。申込用紙に書かれた勤務先が偽りではないか、収入はちゃんとしているのかを知る為には必要不可欠な審査の一端でしょう。大抵は会社名ではなく個人名でかけてきてくれるし、時間を指定することも出来るので個人的にはそれ程神経質にならなくても大丈夫ではと思っています。

しかし、あなたのように上司が厳しい人だったらやっぱり気になっちゃいますよね。実は在籍確認無しの商品って結構あります。有名なのはWEB完結の『モビット』でしょうか。WEB完結というのはすべての手続きがネット上で行われ、在籍確認の電話だけでなく様々な書類やカードの郵送も行われないというシステムですのでキャッシングを秘密にしたい人には最適かもしれません。(参考ページはこちら→ネットからの融資申し込みの利点

また大手のアイフルやプロミスでも契約時に在籍確認を避けたい旨を相談すれば、健康保険証・給料明細書・源泉徴収票などの必要書類を提出することで代わりとしてくれる場合もあるようです。このように在籍確認無しの商品は増えていますので、まずは電話などで相談してみましょう。きっと、あなたの気にいる会社に出会えますよ。

在籍確認無しのキャッシングが最近は増えてきた?

最近は会社員や公務員だけでなく、アルバイト学生やパート主婦など、かなり幅広くキャッシングを利用する時代となりました。急な出費に大変重宝されます。コンビニのATMからお金を引き出したり、逆に返済をしたりすることもできます。

さて、そのお手軽なキャッシングですが、あまりのお手軽さに、それを借金であることを忘れてしまうことがあるほどです。あくまでも借金なので、きちんと計画的に返済しましょう。

借金である以上は、契約の申し込みをする際には、本人の信用審査があります。まずは、属性の審査です。会社名や年収、家族構成、他の金融機関からの借り入れの状況など、自己申告に基づいた情報によって、融資ができるかどうか判断されます。

この審査が終わると、今度は、信用情報機関と言うところに金融機関から問い合わせが入ります。申し込み者が、近い過去に大きな金融事故、たとえば自己破産などをしていないかどうかなどか調べられます。また、クレジットカードの滞納歴の有無も確認事項です。

そして最後に、会社への在籍確認が入ります。本人の申告した会社で、本当に本人が働いているかどうかが確認されます。具体的には、金融機関から会社に電話が入るのです。この電話に、申し込んだ本人が出ればそれで終わりです。特に、借金の内容についてなど聞かれることはありません。他の社員が電話に出て、たまたまああたが席を外していたとしても、席を外していることが分かれば、そこで在籍確認は終了です。席を外すということは、普段はそこで働いているということなのですから。
(⇒融資の在籍確認は何故重要視されているのか

さて、在籍確認無しのキャッシングはあるのでしょうか。答えは、イエスです。会社への電話が嫌だ、という声があまりにも多いため、別の方法で会社の在籍状況を確認するという金融機関が増えてきました。会社の健康保険証の提示や、給与明細書の提示などです。

ただし、これらはあくまでのイレギュラーな例です。特に問題がないならば、会社への在籍確認をしてもらいましょう。そのほうが印象も良くなります。