パチンコと競馬で金を使いすぎてしまいました。同僚に頭を下げてとりあえずの生活費を融通して貰ったのですが妻には内緒ですので一日でも早く返さなくてはなりません。キャッシングをして返済にあてようと思っているのですが在籍確認の電話が会社に来たら、同僚に知られる恐れがあります。また、過去に一度ある会社への返済を遅延させたことがあるので信用情報が不安です。在籍確認無しで審査の緩いキャッシングが出来る会社を教えてください。

在籍確認無しの商品はありますが審査は緩くありません

在籍確認無しの商品は最近では増えています。インターネットを利用して契約するシステムとなっているものがほとんどです。有名なのは『モビット』でしょうか。WEB完結というシステムで必要な契約をすべてネット上で終らせることが出来て、書類の郵送も在籍確認もありません。また、アイフルやプロミスなどの大手でも契約時にお願いすれば必要書類を提出することで在籍確認の代わりとしてくれる場合があるようです。
(⇒大手は意外と使い勝手が良い融資をしている?

しかし、在籍確認が無いからといって審査が緩いというわけではありません。むしろ、その分審査は厳しめとなっている傾向があるようです。会社側の立場から考えてみればお客様の返済能力を在籍確認無しで判断するのですから当たり前です。信用情報にも不安があるのでしたら無理にキャッシングせずに少しずつでもお給料から返すという方法の方が良いのではないでしょうか?苦しいし恥ずかしいかもしれませんが、今後、度を過ぎたギャンブルにはまらないいい戒めとしましょう。

キャッシングの在籍確認の審査が緩いところ

キャッシングの在籍確認を行うことの理由には、しっかりと働いていることを確認し、安定した収入を得ていることを確認することです。これはキャッシングの支払い能力の確認においては、もっとも必要なこととなるのです。その理由としては、どこにいても審査を行うために、このように電話を行う必要があるからです。

キャッシングの審査においては、支払い能力を確かめる必要があり、支払い能力が融資を受けようとしている人の、年収や勤続年数などに左右されることになります。通常の審査であるのならば、窓口へ行き必要な書類を提出し、そして支払い能力を確認することになります。しかし近くに銀行や消費者金融が無い場合には、窓口へ行って直接書類を提出することができません。そのようなことを解決するために使用される手段が、在籍確認なのです。

在籍確認が必要な理由には、このように直接年収や勤続年数などを証明する書類を提出しなくても、素早く支払い能力の確認を行うためです。急にお金が必要になった人や、もっと早くお金を利用したいという人のニーズに応えるために、このような勤務先に電話をして在籍の確認を行うという手段が利用されるようになったのです。

在籍確認で確認することのできることは、勤務先の特定と、それに伴いある程度の身元証明と、そしてある程度の年収の証明です。これらのことが一応確認することができるために、支払い能力もある程度あることが判断することができるのです。なので在籍の確認を行うことは、近くに金融機関が無人にとって大きな味方となってくれるのです。
(⇒年収がやっぱり一番大事?

キャッシングの在籍確認の審査が緩い傾向にある場所は、銀行です。これは銀行の金利が低いために、それほど高い支払い能力を必要としないからです。なので勤務先に在籍をしていることを確認され次第、利用開始を行うことができる可能性が高いのです。逆に消費者金融であると、金利が高い傾向にあるために、審査が難しくなってしまう場合があるのです。